同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite



【ワールドトリガー】冬優子は復讐のボーダー隊員のようです【R18G】 新年IF企画


【ワールドトリガー】冬優子は復讐のボーダー隊員のようです【R18G】 一覧
695◆KLYcrpLOBs2024/01/01(月) 23:37:34 ID:THQCT7fQ
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
もともとは1年くらいでさっくり完結させるつもりでしたが、筆の遅さもあってずいぶん長くなってしまいました…
お待たせして申し訳ないです。




さて、新年なので特別企画として、自作について振り返ってみようと思います。
まず、話のテーマが「復讐」なのは、復讐にさえケリを付けられればいつでも終われる気軽なテーマだから…と、当時の私が思っていたからです。
主人公冬優子が追放されて復讐を誓うのも、「追放もの」や「悪役令嬢もの」といった流行りのノリを参考にしたからです。

…でも、今思うと、「追放もの」は追放前のしがらみを捨て、新天地でのびのび生きるジャンルなのに対し、
「悪役令嬢もの」は、転生先の乙女ゲーなどで、処刑される未来の因縁などから生き延びるジャンルであって、
読者も周囲のキャラも知らない過去の因縁に、一人だけこだわってる形になってしまったのは、あまりジャンルが生かせてない、と感じます。

というわけで、今だったらこんな話にすると思います。

─────────────────────────────────────────────────────



                         ~ もし今、この作品を書き直すとしたら ~


                          ,......、
          ,.....、   ,.....--―――-...、 /::::::::::\
           /:::::::;>'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::\           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::∨::::::::::::::::::\           女王フユコは婚約者ルルーシュによって
         /:/:::/::::::::::/:::::::::::::::i:::i::::::::::::∨:∧::::::::::::::::::::}、}
      /イ::::/:::::::;イ::::i::::::::::i:::::l::::::l:::::::::::::∨::∧:::::::::::}::/           記憶を消され、赤子にされて玄界に追放された!
       l::∧:::::/.l::::ll:::::i:::::l::∧:::::l::::::::::::::∨::∧:::::;イレ           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        {::{::::l::{ {_`t-'{:_:_:}/、_/}:/}:::l:::::::}:/⌒ヽ:::l
       !_|::i::∨ `ミx、    ィ彡´/:::/::::::/   l:::∨
        レ\!    ___   //L/~`ミ三く::::::∨
           }:::l      |    |    {      }:::::::ヽ、      おのれルルーシュ!
         /:;:ゝ、   l___|   ,イ      l::::::::::トミx、
       /;イ:::::::> 、 ___ ,,.. </}     /::::::i;::::l   \   必ずや戻ってきて復讐を遂げてやる!
      __/  ̄   入}/{三}\ / }}ヽ _ ノ::::::::;l:::::l
    /ヽヽ      {{ .ヾ/|:l:l:|ヾソ  ,/   l:::::::::::::;'}:::::l
    (__} .}、__,,...<´ヾ__Ll_Ll__ノ    l::::;イ:::/.  ̄
       ~  {::::::::i;::::}  ./:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、___l//;;/
         ヽ!::::|l:/ニ三{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\三}. ̄                   ━━━━━━━━━
               ̄/ニ三ニ>、:.:.:.:.:.:.:.:/   'ニ}
                {二三三二>、:.:ノ   ノノ                          ……15年後!
              ト――'':.:.:.:}ヾ====''’
              ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ノ                           ━━━━━━━━━



                  ↓


                                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  __       ┌―‐ミ _                「ふゆ」は裕福な両親に拾われ
               /⌒>┴―‐< ̄::::\::::::::\::\
               |/:::::::::::::::: \::::\ ::::Λ:::::::::::::::::\             男たちを尻に敷くわがまま放題のお嬢様として
           // :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::: |::::::|:::::|
              /:::/::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: Lノ|::::::|:::::|              平和な日本に適合して生きていた!
            :::::::|::: /|:::::::::/:::: /::: |:::::::::|::|::::::::|::::::|:::::|            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             |::::::|::||ノ::::/::: V__|:::::::::|::|::::::::|::::::|:::::|
             |::::::Lイ  ̄ ̄ _ |:::::::::|::|::::::::|::::::|:::Λ
             | :::::: r=ミ    '⌒,,┤:::::::ハ|^YΛ::::∨::::〉
             L八|::}' '        Lr'⌒ ヒ ノ:::::|\_〕V     日本の生活サイコ~!
            |:::   T⌒|    ,r<::::::: |:: 〈
            ト込、 V ノ     イ:::::::::::::::::\_〉.        なんかしないといけないことがあった気がするけど、忘れました!
                 |\      _|__::::::::::::::::::\
                 |:::::|T≦ / ――  )┐――┐\
         /    厂|:::::」⌒/    二二_,ノ ノ ――|::::::Λ
        ( (   ]―|:(   /     ノ r―<――厂 |::::::::::|
              厂 |:(  \_/ー~く_ノ‐―[   |::::::::::|
               ]―/乂__人__人     \厂    〉::::::: |
               ∨       /Λ      \   /::::::Λ|

.


696◆KLYcrpLOBs2024/01/01(月) 23:37:57 ID:THQCT7fQ

            ___| ̄ ̄ ̄|___
.  |\     ./     |      |    \      /|
.  |  ヽ  /  ___,|      |___, \    /  |
.  |   | /  /                    \ \ /   |
..... \/ ̄ ̄                     ̄ ̄\_/       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
..   |      _________         〉.           だが、平和な日々は長くは続かなかった。
..   |    /∨∨Vγ´,二`ヽV∨∨\     _/
.... />―<::::::::::::::::::::{ ( ◎ ) .}::::::::::::::::::>―<_〉.            突如、ネイバーが現れ、第一次近界民侵攻が始まる。
. /  |     \∧∧A,,ゝ、_二_ノA∧∧/     /          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    |\    \二二二二二二二/    /
    _|.  \                   /
. / |\  \__         __/
..  | \      \____/   _|
 __|_.   \              //
.    | \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /  ̄\                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
...... |  \              /    \                ふゆの彼氏たちも、ふゆの両親の会社も
.    |     |_           / ̄ ̄ ̄ ̄ \
.    |     |  \___,    /     ____|                 何もかもが蹂躙されていく。
. __|___|          \__/ ̄ ̄ ̄ ̄    |               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.    |     |          /|_______|
. __|___|            / .|              |
.    |     |.       /  |______/
. __|___|____/
.    |     |
. __|__,/

                         -―――‐-
                      _ /:::::::::::::::::::::::::::::\:\_
                    / :::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /:::::::::::|:::::::::::::|::::::::|:::::::::::::|::|::: |:::::::::
                  / :::: |:::::|::::|:::::: |::::::::|:::|::::::: |::|::: |:::::::::::|
              |:::::|:::|:::::|::::| :: |:|::::::::|:::|::::::: |::|::: |:::| :::::|
              |:::::|:::|:::::|凵==|八::::」八==Λ|::: |:::| :::::|
              |::::八|:::::|: : (:・:): : : : : (:・:) : :|::: |:::|::::: |    ふ、ふゆの彼氏くんたちが……
              LΛ:::\∨`¨⌒ :. .: ⌒¨´∨イ|:::|:::L」
                    |∨|::从     ′    从:|:Lハ」.     パパとママが長年お金をつぎ込んできた街が……
                    |::|::|::::::|\  ⊂ ⊃ /|::::|:|::::|
                    |::|::|::::::|/|> .,__,  <|\|::::|:|::::|
                    |/|::::::| 人      人 |::::|\:|
               / |::::|   \  /   |::::|  \
             / \|::::|\/⌒ii⌒\/|::::| /^\
                |Λ    |::::::|.   / Λ     |::::|   Λ|
                |      |::::::|   〈//Λ〉   |::::|     |



::::::::::|:::::::::::::::::::|:::::::::/. |::::::::::::::::::::|:::::| :::::::::::::: |::::::::::|::::::::::: |:::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::|  '/ :::::::::::::::::: |:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
::::::::::|::::::::::::::、、,,::::::/  |::::::::::::::::::::|::::ハ ::::::::::::: |::::::::::|::::::::::: |:::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::|   '/:::::::::::::::::: |:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
::::::::::|:::::::::::::::::::|``㍉、、|::::::::::::::::::::|:::,' ,::::::::::::::::|::::::::::|::::::::::: |:::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::|    '/:::::::::_,,斗*''"´ ::::: |:::::::::::::::::::|
::::::::::|:::::::::::::::::::|::/   ㍉。:::::::::::::|/ |::::::::::::::::|:::::::::::V::::::::/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::/    '/::,ィiア´::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
::::::::::|:::::::::::::::::::|/      `ヾh、 :::: |  '/::::::::::: |:::::::::::::∨::/::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::/    //::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::___k_ミzzzzzzミh.\从  V::::::::::::l::::::::::::::::∨::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/    // :::::::::: /|____,,:::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::`>ニニニニニニニニニh、\.  V:::::::::ヘ:::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::: ,′ /,ィiニニニニニニニニニ<:::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::⌒マl{    {{  `汽}h、\  V:::::::::ヘ、::::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::/ /,ィニ汽  マ. ̄⌒寸7⌒::::|:::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::|::::::::::::| マ!.    {{  〈:::::〉寸k \ ヽ:::::::::ヘ\/::::::::::::::::::/ }::::::::: //,ィア 〈:::::〉 }}    }iア::::::::: |::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::|:::::::::::::| ',    マ, ∨  }}㍉ \  ̄ ̄ `ヾ ̄Y ̄ァ゙   ̄ ̄/,ィア{{   ∨ .∥   /7:::::::::::: |::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::|::::::::::::::| ^,    ㍉    ,ア  ヤ、\    l: |  i{    /,ィア  マ.     〃  /7:::::::::::::::::::::::::::::::/::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::: |  ヘ.     `''==彡    ヽ、,≧彡:_;}: .:|、 i{__>''´イア     ゞ''===彡   ノァ:::::::::::::::::::::::::::::::/::::/:
: ::::::::::::::::::::::::::::::: ',  'へ、                 ヽ,, イ ノ| ヽ、ゝ=彡 '′              ,ィア ::::::::::::: /::::::::::::/::::/:::
\::::::::::::::::::::::::::::::::',   ^ミh、,,____,,、丶  ,ィ   ''"~ l :|i!/ `''ー    '=- 、、,,___,,、丶` /:::::::::::::: /::::::::::::/}/:::::
:::::`'i<:::::::::::::::::::::::ヘ      `⌒⌒⌒  ,/:./      !             ⌒⌒"´  /::::::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::
::::::: |:::::`''< :::::::::::: ヘ            ̄                            /::::::::::::::::/}:::::::::::∧::::::::::::::
::::::: |:::::::::::::l::`''<:::::::ヘ                                   /―‐‐=≦:::⌒丁:::::::',:::::::::
:::::::::,:::::::::::::|:::::::::::::丁ヽ                                          /二ヘ::::::::::::::ヘ:::::::::::ヽ:::::::
:::::::/ :::::::::: |:::::::::::::::|ニニ\                                        , ニニニヘ:::::::::::::::ヽ:::::::::::\:
::::/ :::::::::::::::,:::::::::::::::|ニニニ:\                                /ニニニニh、::::::::::::::\::::::::::
:/:::::::::::::::::/::::::::::::::/ニ二二二\                 h、 ,ィ               /ニニニニニニニ\::::::::::::::\:::



                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             全てが破壊され、自らも絶体絶命の瞬間

                             「フユコ」の人格が目覚めた。
                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

697◆KLYcrpLOBs2024/01/01(月) 23:38:18 ID:THQCT7fQ

                        丶、
                 __        ',h、
              _ - ~:::::::::::::``~、、 ',:::h,
.      /´   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\',:::::h,
      {乂_,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::',
.       ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  _
        `''<:::::::::::__:::::::::::::\::::::::::::::::::::::: }∨:::::7
           ,、丶`::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::>―:::ミ}::}::::ノ____
.         / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ァ‐v'::://:::::〈::::::::::,ィ'⌒_____
.   __,,ィ:::::::::::>''´ ̄ ̄`>彡'⌒|:::::::}:::::::::::::::::: Vニニニニニニニニニニ>
     `¨¨¨¨´       ,ィ:ア   从:::ヘ ::|:::|::|:::|:::|ニニニニニニニ>''´
                (´         ヽ::」:ト、Vヵレ'ニ\ニ>''´\
                     /ニニニニ=‐く、\ニニ}ニ二\ \
                       〈ニニニニニ_ -~ニニ>―‐- 、、ヽ,__\
                     `''<_ -~ニニニ∠_______  ̄7⌒ヽ
                      _ -~ニニニニニニニニニニ>''´    `¨└‐\ ~ ‐ _
                   _,,.-‐〈ニニニニニニニニニニニ/              )   ~ ‐ _
              _ - ~≠ニニ`''<ニニニニニ>''´ニ=- _     _- ̄       )
             /ニ二/ニニニ./ニ\ニ ̄ ̄ニニ)h、ニニニ=- _   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           /ニニニ/ニ二二|ニ二ヤ.ニニニニ二二)h、ニニニ=- _
.            /ニニニ./ニニニニ|ニニニヤニニニ二\二二)h、ニニニ]
.          /ニニニ二/ニ二二二|二二 ヤ二ハ.ニニ二\二二ニ)h、ニ.]
.        /ニニニ二./ニニニニ二|ニニ二.ヤア  ∨二ニニ\二二二∨
.      /ニニニ二二/ニニニニ二.|ニ二二ヤ   ∨ニニニニ≧s。ニ/
.       \ニニニニ/ニニニニ二二|ニニニヤ     `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
       ,ィ~ ‐ _二/ニニニニニニ|―¬ ̄
    γ⌒Y⌒Y   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ¨¨¨¨¨¨¨


                              ,
                         ‘   ;.
                          ㌦,;㍊.... .㌦
                           ;溺眦;;. ㍍㌢”`         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  '                       `㍉翊軈軈駭㌘㍉.            トリオン兵を熟知するフユコは
   i| i                      ㌢襖樂㌢'`.;.;.;.
─ ─| |i─ <ニニニ=- _            ㌘'`   .;;鑾㍊;;..           動きを誘導して同士討ちさせ、
ニ=- __||_ --=ニニニニニ\          `'㌘     '滯㌢.;;㍊;;.
ニニニニニニニニニニニニニ∧       ___  '”      '' “'㌢'.       混じっていた人型近界民からトリガーを奪い、殺す。
ニニニニニニニニニニニニニ',      /ニニY^>--へ  __.            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ニニニニニニニニニニニニニ八     イニニニ、:::::ノニニニ=-\
ニニニニニニニニニニニニニ=-`¨¨-=}ニニニニニニニニニニニ\
ニニニ=-   ̄  ̄ ̄ ̄ -=ニ>、-=ニニ八ニニニニニニニニニニニ',
=-/-=ニニニニニニニニニニニ\ニニニ}rヘニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニニニニニニニニニ}ニニ込/\ニニニニニニニニニ}     ふ、フユコがトリガーを……!
ニニニニニニニニニニニニニニニノニ=-⌒ \^㍉ニニニニニニニ=-
ニニニニニニニニニニニニニニイ ⌒㍉-=ニニ>┘ニニニニニニニ=-.     ルルーシュ様にお伝えせねば……
ニニニニニニニニニニニニニ/     \ニニニニニニニニニニ/ !
--=ニニニニニニニ| |ニ=-^¨            --=ニニニi| |ニ=-/ | |     ……ぐふっ
=--  ̄ i| | ¨¨¨¨¨| |  | |                  ̄  ̄ ̄| |  ̄     |
      | |     i | |  |                        i       |
      |         |



              ''"゚~ ̄ ̄~゚"''~、、
       /:/: : :./ : : : : : : : : : : :.\
      /:.:./: : :./: :/: : : : : :| : : : : : : :.\
.      / : : /: : :./: :/.: : : : : : | : : : : :| : :|: : :.
     /: : : :|: : :.:|: : | : |: : : : : | : : : : :| : :|: | :|
.    /〈: : : :|: : :.:|_|イ|⌒: : : | : : :⌒| : :|: | :|
   |: :∨: :.|: : :.:| x==ミ ̄:::::::::x=ミノ : ノ ハ_|
   |: :/.: : :|: : : 〃 ん(_::::::::::::::::rう( Y:|: |
   ∨ : ∨|: : :| ,,いツ:::::::::: : ヒソ,, /|: |      い、今……
   〈 : : : : |: | : |         `   ハ:|: |
    Λ: :/: :|: | : |、 u   (  ,  人.:|: |      化け物の中から出てきた人を、こ、こ、殺し……
.  | У : :|: | : | ]I=-       < /| : |: |
.   乂∠\|: | : |.   \  /l | \___| : |: |
.  /   ∨|: | : |\   \ノ |.: : :. :.| : ::|
/       | |: | : |:.Υ ̄`\Λ/⌒l |:.:ハ|
.      八 | : 乂|:::::::::::::::}ニ}:::::::::|ノ/  \ .       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.       |  \|⌒\_/Λ_,/.|   \ }        そのとき、冬優子の正体を見てしまう環いろはだったが
.       |: : : : : : /:::::::::/ |::::::\|   \
    ヽ |: : : : : : \__/ ∨\__,ノノ            後にさらわれた妹を取り戻すため、彼女に協力することとなる。
.  /__∨.: : : : : :. :. :. :.| l/ /: : : :Λ
/    /.: : : : : : : : : :. :.|/ /: : : :/\            ※いわゆる狂言回し、ワトソン役ポジション
.     /: : : : : : : : : : : : / /: : : :/   \           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

698◆KLYcrpLOBs2024/01/01(月) 23:38:47 ID:THQCT7fQ

.        l
.    ___||___
....  | ̄ ̄ ̄| ̄ |                           l
.__| [][][][]| l]l] |                       ___||_
. | ̄|      |   |______________,l ̄ ̄| ̄ |
. |  |___|__,」  ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄| ̄ ̄| |   |   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
. l.  \___∧_/   .|    |    |    |    l    |    | | l]l]|
. |    |    |  |    |    |    |/ ̄ ̄ \!   .|    | |__|     ネイバーの襲撃を退けたのは、謎の組織ボーダーだった。
. |    |    |  |    |    |.  / / ̄ ̄\.\  |    | |_/
. |    |    |  |    |    |_|_|____|_L_|__|_|       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
. | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|  |  BORDER  | |   |  |
. |    |    |  |    |    |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| |   |  |\
. |    |    |  |    |    |.  \ \__/./  |   |  |  |
. |    |    |  |    |    |    |\___/!   .|   |  |  |
. |    |    |  |    |    |    |    |    l    |   |  |  |
. | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ̄|
. |    |    |  |    |    |    |    |    |    |    |  |  |
. |    |    |  |    |    |    |    |    |    |    |  |  |.       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
. |    |    |  |    |    |    |    |    |    |    |  |  |.         正体不明のボーダーの謎を探るためと
. |    |    |  |    |    |    |    |    |    |    |  |  |
.......... .... . .. . . . . ..... . .  __....rn「]‐_‐_‐_‐_‐_‐_  _‐_‐_‐_‐__‐_‐         ふゆとフユコの復讐のため、入隊した冬優子。
._‐_ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐_‐_─二三三 п叩卩口ロTニT-_-_-_-_-_TT-.        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
..叩卩‐_‐_‐_TT‐_‐_ ‐_‐_三三 TュTヒ‐_‐_‐_辷TT‐_‐_‐_‐_辷辷辷
.Tニ「|T「「丁TTニTTニT_‐_‐_‐_.....TニTT_|_|__|ニTTニTニT ̄;';';';';';';';';';.
..TニTTニTTニTTニT_‐LTTニTT. ;';';'匚]TTT]匚];';';';';';';';';';';';';';';'_--
..]ニTTTヽrl=================lュTニTTTニTTTニTTTTニTrl=====
..=======lュ、               rl========================
         ヽ rl=========lュ、/



                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              そこに待っていたのは、

                              男をたぶらかしてきた冬優子を敵視する女性隊員と

                              冬優子にデレデレの男性隊員たち。
                            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         c   Λ    +
.          ――(―)――
        +    _ V ___ c
          /: : /: : : : : : \
       i⌒※x :/: : :/: : : : : : : :
.      γ⌒ヽ: |: : :.| : : :|: : |: : :|
.       弋_/_ノ: :k==|从_:|==x : :|
          |: : |: : {{ (;;) 三 (;;) }} :|      どうしてあなたがここにいるの……!?
          |: : |: : |  ̄   ̄ |: :.|
          |: : |: : ト    -   ノ: : |      先生を誘惑したクソビッチが……
        ノ: : |: : | : :|≧=≦: :.|: : |
     //: .:八: :| ̄ \ 厂\|: : |
.      | : | : / \乂「>の<]|/リ.               / ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.      | : |: :|       <_人_>   \.             |  |  No.1ガンナー
     八 : V       /\    |             |  |  ボーダー最大派閥「反近界民派」のトップ
      \|   /|  /   }\___|           _∧_∧__________________/
   __ |._/ ,|/_}__,ノ_,ノ | __            / ̄∨                              \
  ( ☆ <( \ | ̄| | c    c |  |´   _)       _∧_/          聖園 ミカ
   `(_゜ 。|  | | c    c |  | _)´               \__________________/



:::::::|::::::::::::::|\{ \::::_ハ/ |::::::::::|::::|     | |    ;′: : : : : : : /: :/                  ||
f⌒|::::::::::::::| _      |:::::ヽ:|::::|     | |   ,:′: : : : : : : //           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
L |:/^〉::::ノ `¨⌒ヽ     ̄}ノ::::| (\ | | ,:′: : : : : : : : :(            |    ミカお姉様を傷付けた売女! |
:r // 〈:/        =ミ/ハ:: ノ 乂_,)| |~~゚>''^~ ̄ ̄~^''  、          ゝ_______________,ノ
:| | \ \__         '  l:::|└     | |                                ||
:\       \  ` ‐   八|//     /| |      -=ニ\  ノ __    ''^~ ̄~^''      ||
::〈 \_/⌒ヽ      イ :: |/    /   | | -=ニニ=-  ⌒ヽ/  辷_)         )     ||
::::::::: |∨0ニニト _、く:|:::|::::::|  /   | |ニ- : :/ : : : /: : : :\   _    _、  ''^~ ̄ ̄~^'' 、||
:: \人|0ニニニ| :: :| :::: |:::|::::::| /   /,| |: :/ : /┌y..:.|: : |: | : :.  _| |┐/           ヽ
\:::::::::|0ニニニ|\:| :::: |:::|::::::|({  { // | |: |:.:※y┘⌒: : :|: | : : | └| ||     -=ニ__ 、   |
.  \/´ ̄`\|'⌒\__|::八:::|::\  V/ : : | |: | : :| _x笊ト|八|: | : : |   | ||  -=ニ=/   />ヘ.ノ|
   /     |、   VΛ::::\:::::::\ {: : : :| |: | : :|  Vり  芹| :/ |   | ||ニ=  /   / /⌒V||/ ̄
//:|       |-\  |/Λ:::::::|:::::::::::)V: : | |: | : :|       り |/ リ/| ̄||   ノ |  / /   ||γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   |       |-=ニニ厂\厂 |::::::/ / : : | |: | : :|   ゝ ュ ´厂:/(  |  ||//  | z=ミ ノ| |||||    ボーダーから出てけ!  .|
   |       |  / \ニ)\|/\ {: : : :| |八 八     イ |   Τ|  ||   . |八N tり>ノノノ |||ゝ_____________,ノ
   |     ノ  |ニニ| \二\::::::}乂\| |二\ :\≧I[: | : |   人|  ||  /: :| |      t癶ノノ||:::::::::::
   | \___/   |ニニ|  .}\ニ\    ̄| |   \| \: 人: | / (| /⌒\::| ト  乂> ノ/:{ ||:::::::::::::
   |>ー┘     |ニニ|  .}  \ニ}  /:| |⌒\ |: : ) : :.\    | L    /人 \> <:: {八 /r┴ 、::::::
  ノ          |ニニ/  /   ∨  / | |    ノ:./乂 : : ) \  | └'7/⌒ヽ\ \::::::八\{二 |::::::

.

699◆KLYcrpLOBs2024/01/01(月) 23:39:04 ID:THQCT7fQ


  ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
. /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
../  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ      なんてことを言うんだ!
.l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
  .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |.       冬優子ちゃんは悪くないよ!
|r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
|`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く.     ( でも、冬優子ちゃんが戦うなんてとんでもない! )
|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
|'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
 _  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |.    ( 正隊員への昇格を阻止しないと……! )
.. ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
.   ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
.  .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
..... |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |




                   /. . /. . ./. . . ._x=-. . . . . .ー=ミ\
                     /. . . . . . . ./ . . . /. . . . . . . . . . . . .\\
                /. . . . . . . . . . . . /. . . . . . . . .` . . . . . . .',.\
                /. . . . . . . . . . . . /. . . . /. . . . . l . . . . . . . ',. .∨
                 /. . . . . . . . . . . . /. . . . . . . . . . . l . . . . . . . .}. . . ∨
                 /. . . . . . . . . . . . /. ′. . l . . .|. . . l. . |. . . . . . . . . . ∨
               _7. ./ . . . l. . . . . .│l. . . . .|__.|_, . .|. . | . . . | . l. .|. .. .{
              _7. ./. . . .│. . . . . |. |. ´ ̄.|. . /|. . ノ}. . |.⌒"'. .│.|. .l. |
            _7. ./ . . . . |. . . . . .|_.」,,. -┴_   ̄ ⌒_└- L__|.│ l. |     ど、どうするの、黛さん……!?
            _}. . . .| . . . |. . . } .│ ィぅて_ぅ、     ィて"'  {. .从(リ
             _7. ./. .| . . /|. .l.│. |  {/ J/}       {J/}  厂 |
            _7. ./. . {_. /. |. .|.│. |  乂;;;ノ         V;;ノ  √. |         みんなに注目されて、訓練を邪魔されて……
            7 . / /.Уヽ|. .|.│. |   : : : : :        : : : √. .|
             l . /. { . . . /|. .|.│. | u         ′   √ .│.        これじゃ、ネイバーと戦うどころか
             |. .{. /ヽ イ. .│ |.│. |、        c ァ   _ イ . . .|
             |. .{. |. .′.〉 . |. .|.│. | : : . _          /:::}|. . . .|.       正隊員になることだって……
             |. .{. |. . . /. .l |. .|.│. |    `~、、_   イ::::: ノ|. . . .|
             人. .ハ./} . { |. .|. .',. .ト、       /::::ノ:/:::У:「 |. . . .|
            ∨ .v. ./{. .{│ | . .Ⅵ `~、、  ト、/:∧::::: ノ  |. . . .|
                \. .人ニ=-|. .| . . )|  ___ 〉ーヘ|=-<:イ   |. . l .|
              ア‐ミ/::::∧.丶 .从´/////`f=ォ'´////Y- 、|. . |./
             /   \‐:∧. .、. .{/////ー={/ノ=-////}::::: |. /{(
              /⌒\  ∨::::\ト.乂/////「0}\'///ハ:::ノハ

.

700◆KLYcrpLOBs2024/01/01(月) 23:39:33 ID:THQCT7fQ

                        ____
                    /:>''^~ ̄~^''く`\_
                    /:.:/:/:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\::\
                  //:/:/:.::.::.::.::.:::|:.::.:|:.:::V⌒V:.:|
                    〈〈/:.::.::|:.:::|:|:.::.:::/:.::/|:.::.::_) }:: |
                  |::|:.:: L斗L:: //‐|-|:.:::乂,,ノ:.::|
                  L|:.::|::kヒう   ^ヒう|>:.:::〈/Λ_|
                    L人|  丶    厶:.: /Λ|:|      フッ、見てなさい。
                        |/:.:込、 ー‐ ⊂イ:.:::// :: |:|
                     //:/^⌒{ > r<ノ\ /:.::.:ノノ      私は氷の女王、民を従順にする方法には慣れてる。
                / /: |:.::.::.:::^〉ニ|/ニニニニ\:/:|
                /   /:: Λ:.::.::.:/ニニニニニニ/⌒ヽ:|
                  / /|:Λ:.::.::∨ニニニニ|ノ   }:|         本気の殺意を持って襲ってくる敵に比べれば
           /  /://(: : |:: Λ:.::.::∨ニニ/     ノ:|
           /  /:.::/:〈 \|:: /〉:.::.: )∨ ̄ ̄ ̄ ̄|:|         この程度の敵愾心、可愛い物よ。
          (    (:.::.::/:.::Λ  /( Λ:::// ̄|  \___〉:|
           \   \{: : |  {    ̄ ̄ /  厂\  |::|
            )    ):):.:\  \             \_〉|
               ///  ̄ ̄\           |:: |



                          __
                      _/⌒>''"´:::::::::::::::::::::::::::::
                 /´::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /::::/::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::: /⌒\
               /:::/:::/::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::.
                /::::::::::|:::: / :::::::::::::::: | ::::::::::::: |::::| :::: |:::::.
              :::::::|:::: |:::::|::|::::::::::::::::::|::::::|:::::::::|::::||::::::|::::::|
                | ::: |:::: i⌒|::| :::::::::::⌒ト::::|:::::::::|::::||::::::|::::::|
                |:::|::|:::: |___|Λ:::/:::::/ :|::::::|:::::::::L:ノ|::::::|::::::|
             八|Λ:x|-‐ミ |/:::::/斗―-ミ::::::|::: ハ :|::::::|
                  |:\ハ_〉     ̄  "´ ̄|┘::::|く|::::|:::L:ノ       ふゆにかかれば
                  L:| |/|''  丶    ''  |::::Λ|})::::|:::::|Λ〉
                    |:人  r  ┐   ⌒/::ィ ::: Lノ:::::|.       すぐメロメロにしちゃいますよぉ~!
                    |::|:::\  ー    //^⌒|:::|:::::::::::::::::::|
                    |::|: {⌒>‐‐=T// / /|:|:::::::::::::::::Λ
                    |::厂∨   // / / /::ノ__/ ̄) :::‘,
                    |(_ {   / /      /::/ \∠⌒):::‘,
                  /:::( _r</ /    //\厂  \(::::: ‘,
                    Λ:::/  \ { 厂>‐く) _厂     ∨::::‘,
                / 厂{    ( ̄ ‐<⌒\        }::::::::‘,



                       -─…………─-
                 ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : :/⌒` : : : : ´⌒\: : : : : \
              /:/: : : /: : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : \          ※常識人ポジションが追加されたため
           /〉_______/____________________________: : : : : : : ∨ /         冬優子はより常識外れなポジションになる
             /  ________________________________//__/: |: : : : :i : ∨ /
         /_/:|: : : :|: : |: : |: : |: : : : : : | : : : | : | |: : : : :| : : ∨
           |:i : : :|: : : :|: : |: : |: : |: : : : : : | : : : | : | |: : : : :|: : : :|
           |:|: i: :|: : : :|: : |: : |: : |: : : : : : | : : : | : | |: : : : :|: : : :|
           |:|_:|:_:|: : : :|_|_|_|_ノ__|\______|_|: : : : :|: : : :|
            |: : :|: : : :| ≠=ミ       ≠=ミ : : : :ト : : |
            |: : :| : : │|{ ん_)::::ト      イ__):ハ }|: : : | l : |
            |: : :|: : : :|  .乂__ツ         乂__ツ : : : :|ノ : :|
            |: : :|: : : :|   ¨¨¨¨     ′   ¨¨¨¨: : : : :|: : : :|      不安しかない……!
            |: : :|: : : :| /:/:/           /:/:/ |: : : : :|: :|/
          \_| : : 人       l⌒ ⌒l     u. |: : : : :|: :|
              │:|: i : :|: :〕ト             イ|: i : : :|: :|
              ∧:|: |: |:|: : : : : : 〕ト  __ ィi〔/: : |:|: |: |: :|_/.    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             |: |: |:|_________/:}       {V___|:|: |: |: :|
             |八:八⌒¨¨}:.:} \______/ {:.:{⌒V |:ノ、       波乱万丈のボーダー生活が幕を開けるのだった……!
             ./   }-   〈⌒¨¨¨¨}:.:.:.{¨¨¨¨⌒〉   -{   ∨
            |   }--   }:.:.:.:.:.:.: }___:{:.:.:.:.:.:.: {   --{   |    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            |   }-- /}:.:.:.:.:.:.: } }} {:.:.:.:.:.:.: {\ --{   |
.

701◆KLYcrpLOBs2024/01/01(月) 23:40:49 ID:THQCT7fQ

もし今から書き直すとしたら……というifは以上です。

ここまで書いて、本編で気になった点
・主人公一人が秘密の理由で戦っているので、独り相撲の印象がある。
 →冬優子の事情を知っていて客観的な評価を下せる共犯者を初期から加え、感情や立場を説明しやすくする。
・キャラが多いので、誰が何者なのか、どう思っているかなどぼんやりしてしまう。
 →「派閥」と「対立」の概念で筋を作り、立場を明確にする。
   今回は冬優子の設定を生かして「男キャラは味方、女キャラは敵」の対立。
   全キャラに「冬優子をどう思っているか」の基本があれば、
   女だが冬優子を敵視していない、などの例外でキャラを立たせられる。

もちろんこれら変更点を採用してたら、今のとは全く別の話になってたでしょう。
(特に派閥対立をやるとボーダー内の治安が最悪になるので、
 隊員同士が仲がいいのが特徴のワートリ原作とは、雰囲気が別物になりそうですね)
実際に書き直すわけにはいかないので、反省はまた別の機会に生かします。あくまでif……

他にも本編に関係ない小ネタとか、完結したら別の話いつかやりたいとか、嘘予告みたいなネタは少しあるんですが、
別ネタに浮気すると、本編を待ってる読者の方が不安になると思うので、普段は抑えて本編を書いてます。
今回は新年なので許してください。

本編の話に戻りますが、
前回の投稿は56話でしたが、今65話まで書き溜めができてます。
半分くらいは終わってきたと思います。(そろそろ完成した分だけでも投下しようかとも思いますが、未定です)
ゆっくりですが確実に本編を進めてますので、お待たせしてすみませんが、今年もどうぞよろしくお願いします。

以下おまけ、製作中の部分で使うAA
                                       ┌┐      ┌┐          ┏┓      ┏┓
                       \───/            └\───/┘          ┗\━━━/┛
      ┏┳┓           │┏┳┓│              │┏┳┓│            _┃┏┳┓┃_
      ┣強┫           │┣強┫│              │┣強┫│          ┃ ─ ┣強┫ ─ ┃
      ┗┻┛           │┗┻┛│              │┗┻┛│             ̄┃┗┻┛┃ ̄
                       /───\             ┌/───\┐          ┏/━━━\┓
                                        └┘      └┘          ┗┛      ┗┛
      強印                 二重印                 五重印                七重印
.

702名無しさん@狐板2024/01/01(月) 23:58:24 ID:tE9e9JHZ

ゆっくり待ってます

703名無しさん@狐板2024/01/02(火) 05:36:07 ID:hwTcLCLq
乙乙~


関連記事



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する