同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite



【R-18】やる夫は変わるようです【メガテン風・あんこ・安価】 【幕間:織莉子の再調教】 その4


【R-18】やる夫は変わるようです【メガテン風・あんこ・安価】 一覧
8966◆hs6uDv9e5o2024/02/27(火) 22:15:25.43 ID:Dn73Yuf6
┏・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┓
  【?/??:??:??】   【属性】CHAOS  LV:1?? 所持金:??億????万円 【ヴィクトリカの事務所】
┗・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┛



                 __厂し'⌒Vて_rへ._
                (_>  ´ ̄ ̄` <} 厂し勹
                 「/         !    く V∧く__
                .   / / /    |    こV,∧ し、
              /  // /       |l l|  | 廴}/ハ  く
.             /  // ,   |  |   |l l|  |  {_}//,} _ノ ',
             ′  ,  i_ _ ||  | - 八‐|- l|  しヘ/,|'⌒) !    (ああ、そっちに行ったか……)
           i  | L.´|_」L L /_,ノ__ 」   くノ/,|乙 |
           |_ .斗'  ___    x=ミ、 }   {_|/,'| ,ノ |    (心身深いシスターなら……不味い)
             ./ |  '⌒゙      ,,,,  /  | }}ツ' i |
           , | l| ''' ′      Uー―匕|||,.》 | |
            | |八    r  ァ       /_,ソ |||{   | |
               ̄  \         .イ   〈小〉 | |
             _/^Y | /)l个  __   < :|     |l  | |
           〈 { |J//:| | ̄ヽ}      ヽL/´⌒ ヽ  | |
.          「ヽ)J  { :| |_        _/     ', | |
.            Y    } :)リ:¨\    /¨|       } | |
              ,'  }          |      ,'  | |
           }   / ..ノ         |     ,'  | |
.            ノ  .{ /...    :     |    :i   ', ',
.              / {rッ:::    .:.     :::r|     :|   ヽ ヽ
       /   / 八:::   ..::::::....   |     .|    、 \\
             /   ':リヽ _...::::     ""´|     .|  \ \ \\
.      {    / ./ /: : ‘          |     .:   \: \ \\
        :.   /  /: : /:‘,         |    .八:     \: \ \\










                         ____
                       /      \
                     / ─    ─ \        ───なら、どうする?
                    /   (●)  (●)  \
                      |      (__人__)     |       言葉では幾らでも言えるけど?
                    \     `⌒´    ,/
                    /     ー‐    \





            _ _
        .        `   .
                  \   、
     / ′ :       \  \  \
      |   ¦        \  \  \
      |   |   \      \  \ \
 .′     |        \      \                  (………あれ、ヤバイ?)
  ;     |  i  \    \  \
¦ j     i  ii |  \    \-‐‐-     ¦  \
¦ i    i  jI斗-   \  \ \ |\   i  |    \___ノ
¦ i     ィ´ i| |\丶  \  \ _j止  \ハ |:::..     ¨¨¨¨
¦¦    | 八|__\|\{ ̄⌒,㌢⌒`  Y^i:.人.:.:::..、   \
¦ i   | { ,㌢⌒`              | |  \.:.:.\     丶、_ノ
¦  i、   i八″       ,      u  .: ,:.、   \.:.::\  \√
¦  :丶     \              厶イ.:.:.\   \___\  \
¦i  :  \. . . : : \    _  ‐    /.:.:ⅱ.:.:.::ハ i:.   i⌒.:.|\{⌒
¦i   . . :\: : : : : 丶、_____ノ   ..:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:} :|::::.、:.:.:.人 ノ
¦i、. . \: : \: : : : .:.:.:.:.:.:.:.<_ イ.:.:.:..:/  \.:.::人j人:Ⅵ/  )
¦i  . . : : : \.:.:.:丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:< 八.:.:.:/    )ノ′  )ノ′
¦i   \(\: : \.:.:.:.::丶、.:.:て⌒^7.:.::)∨   /     ´
..И    \::⌒^´:::::::::: <⌒\ /^Y
       \:::/⌒V⌒^\_人 |-ミ
      ,. '⌒\     人.:.:.:.::)ノ  `丶、

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【システム】
    織莉子の態度の豹変した理由を聞いて焦ったのは、くしくもやる夫ではなく、ヴィクトリカとアカネの二人の牝奴隷の方だった。
    反対にやる夫は、酷く冷静に言葉だけならいくらでもとりつくろえると言い放つ。
    それに対して、織莉子は───
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8970◆hs6uDv9e5o2024/02/27(火) 22:38:07.29 ID:Dn73Yuf6
┏・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┓
  【?/??:??:??】   【属性】CHAOS  LV:1?? 所持金:??億????万円 【ヴィクトリカの事務所】
┗・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┛


                                                ___
ニニニニニニニニニ二二二∧           ___     ,  ⌒ヽ      .,'´| ┼`',
ニニニニニニニニニニ二二二',   _, ´ - 、   `  /      \‘ ,.i レ c!、 l
ニニニニニニニニニ二二二二',./⌒    ヽ  \    {r  、    ヽ.. .l   あ |
ニニニニニニニ二二二}ニニニ二l  /       :.        :.            l   つ ′
ニニニニニニニニ二/ニ二二二l ハ ,、、       ト、   i   ヽ         i. ゝ ♥ /
ニニニニニニ二二二/ニニ二二二l/Yニニ}__ノ   :.   }      i\     │   ̄
ニニニニニニニニ/ニニ二二二二|ニニ{.jハ   :i 、j/ j/i  .!  :ト、     !
ニニニニニニ二二∧ト、_ニニニニ二|!ニニムト、}ヽ   !V`''< !       :.    i ;
ニニニ二二二二/  | | |`Yニニ二:ヘニニ}沙 Ⅵ ァ二__メ  ∧    !   :.
ニニニニニニ二/   l| | l }ニニニニヘニリ:/:/:/:/: 丈フ≫っ/〕.}    !    ハ
ニニニ二二二/.   八 '  ヽニニニニニ{ } ' :./:/:/:/: /ィ /イ´   '   / :i   はい、勿論です♥
二=/ニニニ/..-レ┐. \   `Yニ二二ム.{ヽ_., u  彡イノ‐-'   /  ,  :!
//二二二/  /|  L ./ `'' ./ヽニニニニ{_ノ‐t(  イ      ` ,    / 丿   今までの無礼な態度の分まで、
二二二二/.  ー┼‐./    /...{ヽニニ〔`''ー‐==≦´ u        `寸'       体と人生を使って奉仕して贖罪致します
ニニニ二/     .つ     // ヽゝニニ>―  `ヽ     /    u. '
ニニニア      .v'|)  .>'´    \―-    {j.   ',  ./
二二ア.     ;{ ′.'´       ヽ  ̄ ̄`ヽ    V .′{j    /,
二 ア        (⌒⌒)...ι           ',    V ,      / ’
-ア        .\/               ´ ',     V     /|
/.          ′              }/     l     ',    ' |
.        >{                 /      |     ヽ   /   |
. , >''´    {.:⌒ヽ        /      ヘ       /
. ァ'´      /:.:.:.:.:.:.Y    u  ,'        ヽ     /}  ノ
:l{       ゞ、/ー<     ,ィi{      u.   ヽ___./ ノ /
.八            `¨¨¨¨´  ',            } Y/
.’,\   ― 、,,_     u     l{  '。   ,,、、、、、、,    八.∨
    )h、___二=- 、,,___八  \ (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:) イ u ∨
   ‘ ,            辷__ヽc、(` ヽ:'":.Y.イ       V
              ダラッ    ̄) フヽ  辷ノ           V
                 ⊂ニ   |ヽ              '/
               。゚     )   | . ',            '/
                   //⌒ヽ  ',             l ,
                     (/    ヘ_',ヽ    ゚。     l
                           ヘ ヽ         l ;
                           ヘ ヽ        }
                             ‘ ,\       人‘
                               >……<

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【システム】
    やる夫の男性器を舐めながら、すらすらと贖罪の言葉と奉仕を口にした。
    その顔には今までのような嫌がる様子も、おびえる様子もない。
    むしろ、自身を差し出すことに嬉々としていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

8973◆hs6uDv9e5o2024/02/27(火) 22:58:33.83 ID:Dn73Yuf6
┏・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┓
  【?/??:??:??】   【属性】CHAOS  LV:1?? 所持金:??億????万円 【ヴィクトリカの事務所】
┗・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┛



                       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       |  なら、その言葉を───       |
                        乂______________ノ






                      \人_人从_/
                        )/l  「 (
                      <  乂ノ  >
                        ) -`ヽ (     ,、、
                      <  ._.ノ  .>   ./   ヽ、、、_____>‐<
          / /         )  つ (. o  /           __/    `く ̄`''< ̄ ̄
_      ――     ̄ ̄ ̄ `''..< (⌒⌒) .>  /.     > ''´ ‐<        \
                           ) \/ (  . /.   > '´  /  ',    ヽ      ',  /.\人_人从_/
                   /     ..< (⌒⌒) .>..l.  /   /l  ハヽ   V.      ',/   ). エ|Z.キ(     .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
ヽ             l         .) \/ (  |  /イ    l/| ~/ァ==-っ.ハ       l   .<.. / | ヽ >    |      ──証明しろ          | 
=-ヘ≧=- ..,,_    _ ィ/      ./"⌒Y⌒`\ ,|   |/|  /|从{:/:/:/:|∨  V.     |    .). ┼  (     .乂______________ノ
ニ=-ハ.       ̄  ァ'         |;     ァ' |/    ;|/`.c汽   u从  }!ヘ     |;  <. ノ .こ  >
ニニ=-}i          /          |     ァ'  /      /  i:/:マ:⌒ヽ {   ノ  }    |    ) ー匕 (
ニニ=‐}i       /              |    ァ'   |.    ;{ 。゚ h、乂_:_:ノ从 .{  /     八  <  (乂 ) >
ニニ=-}i        /            |;  /    /|   /\___ヘu`ヽ/}j ゝ.{/     /  \. )  つ (
ニニ=-ハ       /.              |  /   / l,.r.,..、―‐'- 、`''-  ∨  u. |  _ ..イ_,、__. .< (⌒⌒) .>
二ニ=-ム  ,ィニ7      n       |  / >''´¨¨7ゝ::::ノ        >''´ ̄`''く__〈、`  |;  .) \/ (
:ニニ=-心くニニ/       )!   u   ! 7.     i{           ァ'゚   (:::::r:,Y.∨ ソ   |. ./"⌒Y⌒`\
二二二=-心ニ,' ゚。           ,'  ゝ __ 八  ゜      /      ゝ::ノ  }. 人   ,;
ニニニニニ=-ム              ,'          ゝ __  .イ/          ,'  /  /
:二ニニニニ=-ム            |.    // /       丶     o   ,イ ./  / ̄ ̄
二二二二ニニ=-ム          /ヽ__ //  ァ′     /   ヽ.      ,ィ.  ァ′ /
ニニニニニニ=-ハ.        /`)/    `'' -''"     /      ヽ -=≦/ /   ′
二二二二ニニニ=-l (⌒ヽ .//´   。゚                )}      /.ァ'    /
二二ニニニニニ=-|  ⌒ヽV (             、,_           .イ.         /    //
二二ニニニニニ=-|__∠__,,c                  ニ=―     ̄ ̄ ̄ `''< //
二二二ニニニニ=-爻: : : : : : :Y ニ==つ  二ニ=──── ''´                    ヽ
二二ニニニニニ=-爻: : : : : : :八                           /.         ',;
ニニニニニニ=-/夲ニニ=‐''"⌒ヽ      )   .j――‐ァ 「:|「:|    ../         八
ニニ二二二二=-/ニ=-ヽ  ) (   ゚ o  ―' (  └‐ァ:::::/ .L:!L:! ,.-.、 '            ,イ
ニニニ二二=-/二二=->、、      ⌒ヽ _)    /:::::〈 r――‐{::0::}      u    ,イ
ニニニニニ=-/二二二二二二ニ=-            /__∧__V―‐ァ::/`ー'        ,イ
ニニニ二:=-/二二二二二二二二二二ニ=-             /::/..         ,イ
三ニ=-=ニ二二二二二二二二二二二二二=->。       /_/l:] l:] /::7      ,イ;
:二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=->。 -=≦ / ∠/    ,イ
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ=-心、.  /         ,イ
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-心 /.         ,イ  //
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二=/       ,イ  //

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【システム】
    織莉子の言葉本当か嘘か確かめるように、先ほどまでと同様に荒々しくやる夫は織莉子を犯し始めた。
    先ほどまでなら、内心嫌悪感しかなかったその行為を織莉子はまったく気にしない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8977◆hs6uDv9e5o2024/02/27(火) 23:19:01.35 ID:Dn73Yuf6
┏・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┓
  【?/??:??:??】   【属性】CHAOS  LV:1?? 所持金:??億????万円 【ヴィクトリカの事務所】
┗・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┛

                                \人_人从_/
                    /^ 、           ,'..)..| ーl- (.ニニニニニニニニ }!
                    _|  `ー-- 、  ....<. | (_ハ >. ニニニニニニ }!
            _,.  ´  {       `ヽ、../,[. ) {   ヽ.(.ニ 〉ニニニニニニ'     よっ───ほら、父親が見ているぞ?
          ,  ´      ∨           ゝ<  V  ノ >. ニニニニニ.ノ
          ., ´ ,    l{  、 ∨    、    〈ニ )  い (.ニニニニニニ{
        . ,:´  /    _∧_ 、\\_     \  <.   つ  .>.====< <
      // : .' ,  {  { ,ィzzzォ、\ 、ー - 、 \ .. ).(⌒⌒).(..ニニニニニニヽニニニ<
      .l 从! | { _从 Ⅵ Vソ ヘⅣ    }、\ <  \/ .>.ニニニニニニニヽニニニニ <
        {  | {从,ィzⅥ}` :/:/:/ ,ィ   、 /,'/ 从....).(⌒⌒).(..ニニニニニニニニ ムニニニニニヽ
       / 人 トヒソ〉リ    u / '   l} {イ   .<  \/ .>.ニニニニニニニニ〃ヽニニニニニ\
        /イ,:  ∧ヽ r: : ヽ .{人   从、   /"⌒Y⌒`\ ヽニニニニニニ i{ニニヽニニニニニニヽ
         { l、  人  乂:_:ノl  ,.} />  ⌒ヽ  i  /       ''<ニニニニニニニ ムニニニニニ
          从∨ ,  > 、 _,..ィ /,イ    u  マ i ./           `''<ニニニニニ ムニニニ
.   グィッ     { 人  } l /ノ   ∨ .'       , i '               <ニニニニムニニ      ┏┓
            >,'       ヽ {      .} i j                 <ニニニム    ┃ ┃┗┛
         >  ノ        .v     {ィ    ⌒ヽ     u      \ニニ   .┃ ┗  ━┳┛
        〃   >               r゛Y^ヽ       ゝ            ヽ  .....┛     ━╋━    ┃
        i{ / … 、         ∧  ノニ}ニ`ヽ       >,.                      ┛ ━┓ ┃
        .ィ .Y(.ツ: :.:}!       ./ ∧ .〈 {ニニニニム         >ニニ≧s。                   ━┻ .・
     /  i 乂: : :ノ         イ .ム{ニニニニニニヽ _ ___.、-''"゚ニニニニニニニ≧s。
.    ´    i{         u  /  .ムゝニニニニ/ニニニニニニニニニニ_ _ >‐‐‐...≧s。
、  /     八               }! ∧i{\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
. ヽ.:       ゝ      イ      .:'  .i{  ~"''~、、 _ ニニニニニニニニニニニニニ>
: : Yヽ       .: `  ̄     ij  .イヽ_/!            ≧==‐   ‐= ´ニニニニ
 {::i:::.,      {                            i{ニニニニニニニニニニニニ  ピッ
 \ゝ:      人                        u   マニニニニニニニ/ニニニ
    .> ,... .イ   ヽ               }               マニニニニニ.イニニニニニ
     >: : : : : : / \             人             }ニニニニ/ニニニニニニ
.        ー=彡  ム  .、          Y           八ニニニ/ニニニニニニ
    ..┏┓       ゝ  `ヽ          \           .マニニニニニニニニニ
. ┃ ┃┗┛        \             `丶、       イ } /ニニニニニニニ
. ┃ ┗  ━┳┛      ..>                  .,‐==彡_ノi{ニニニニニニニニ
. ┛     ━╋━    ┃                        .イ////// }ニニニニニニニニ
        ┛ ━┓ ┃    .ゝ            ,..ィi:J//////// .:ニニニニニニニニ
           ━┻ .・       .≧=-    _ ゝ , _ >,.///////八ニニニニニニニ
                    /                ノ ̄~~/.::::::マニニニニニニ
                   ,:        U       .イ   i{:::::::::: }!ニニニニニニ




     r===============================================ミ
     |///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////|
     |///|! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|////|
     |///|!                                                                    i|////|
     |///|!                    __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――                   i|////|
     |///|!                     ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄                i|////|
     |///|!                     ___―===―___   ――――                    i|////|
     |///|!                        _,,. --‐}  ::|    {__                                  i|////|
     |///|!                   _ ---ffi:i:i:i:i:i:i:i:i:jハ  _’__ /}、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}r-‐ 、                         i|////|
     |///|!                  f= 、i:i:i:i:i:i:}}i:i:>r'´|ヽ\__ /ノ |::::ト 、i:i:i:/i:i:i:i:i:}i:}                           i|////|
     |///|!                  {i:i:i:i}i:j>:::´:::::/:::::::l  7zzf´ j:::::::∨::::::`:..</i:i:|          
     |///|!                  ヾi:i/ヽ;:::::::::::::j:::::::::::l丶{ 〉〈ヽ イ::::::::::∨:::::::/:::.Vij            
     |///|!                   /.:::::∧:::::::::j:::::::::::::l  rx-、 /.:::::::::::::::, ::/.:::::::::::V         
     |///|!                 /--:.、::∧:::::}:::::::::::::::lノノノヽ\:::::::::::::::::}:j/.::::::::::ヽ                     i|////|
     |///|!.  __―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――.}:::::::::/.:{:::r‐二二ヾ、                         i|////|
     |///|!.   ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ l:::r-----‐ へ<:::::::\                    i|////|
     |///|!   .___―===―___   ――――.::::| } {へ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::l                        i|////|
     |///|!            .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l / j   V::::::::Y    } ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::}                       i|////|
     |///|}.─────── \:::::::::::::::::::::::::::::::| L ,,,、_ノ──‐ヽ---ノ }::::::::::::::::::::::::::::::::::|──────────── i|////|
     |///|!                  ̄¨'''''   ─-┴‐ '゙         ̄マ;:-‐''" ̄ ̄`''ー‐'                   i|////|
     |///|!                                                                    i|////|
     |///|!                                                                    i|////|
     |///|!___________________________________________ i|////|
     |///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////|
    ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|:¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
                           |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
                      __ |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三| __
                   /////////////////////////////////////////////////////\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【システム】
    やる夫が織莉子を持ち上げると、画面が変わり織莉子の父親が映っていた。
    先ほど、同じような状況に陥ったとき織莉子は泣き叫んで、妊娠を拒否した。
    今度は、どうなるか───

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

8997◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 00:02:48.99 ID:BB+foVGJ
┏・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┓
  【?/??:??:??】   【属性】CHAOS  LV:1?? 所持金:??億????万円 【ヴィクトリカの事務所】
┗・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┛
          _  /し'/                  _  /し'/                  _  /し'/
    ,r'⌒''"´  j /  /  __,ィァ..,─、      ,r'⌒''"´  j /  /  __,ィァ..,─、      ,r'⌒''"´  j /  /  __,ィァ..,─、
   /     ,く(   {    Ⅴ / ./  」,.-、  /     ,く(   {    Ⅴ / ./  」,.-、 . /     ,く(   {    Ⅴ / ./  」,.-、
 . /  ,,   ,イ l|  /    /  〉 レ'´ ー'  /  ,,   ,イ l|  /    /  〉 レ'´ ー'  /  ,,   ,イ l|  /    /  〉 レ'´ ー'
 / // / l l.  _」    f  レ<´|.   / // / l l.  _」    f  レ<´|.    / // / l l.  _」    f  レ<´|
./ / / / l  lレ′,イ _」   _;>‐'   / / / / l  lレ′,イ _」   _;>‐'    / / / / l  lレ′,イ _」   _;>‐'
."′/  ヽ レ、.  / '<. _  .Г __     "′/  ヽ レ、.  / '<. _  .Г __  .   "′/  ヽ レ、.  / '<. _  .Г __
  / ハ ヽ、  /  ._;:匕 |  | .「 |      / ハ ヽ、  /  ._;:匕 |  | .「 |      / ハ ヽ、  /  ._;:匕 |  | .「 |
  / /  ヽ  { . レ'´ /. | |  | .|. /     / /  ヽ  { . レ'´ /. | |  | .|. /      / /  ヽ  { . レ'´ /. | |  | .|. /
  l /   ヽ-' .   /   | |  〉レ′    l /   ヽ-' .   /   | |  〉 レ′      l /   ヽ-'    /   | |  〉.レ′
  レ′           | / | ./        レ′           | / | ./     .   レ′    .      | / | ./
                レ′  l/                    レ′  l/                     レ′  l/
.\人_人从_/            ∨////////////////
. .). ‐ヒヽ (          __ ∨//////////////_
<  (」__) >.. ._,,. -‐ ''"´     ∧/////////////    ´~"'' ‐- 、、
、..) ノ ヽ (.__/    u      //∧_  ――  _/∧, ─<       ヽ
<.. _乂_,  >.{    ヽ_,,. -‐ ''"´=ア´      ` {     \,/     }_
.. )...ー┼. ( /ハ    ∨ /ニニ,            |        \ u  ////.ヽ/
<.  こ  . >..ヘ      Vニニ/              |i          i    //// /
.. )  /   (.//.ヘ    |ニ./ /            \八          |  ////
<. /\ノ..>.ヽ/ヘ    |ニ/ /   {   i    i     \   i    |   / /  u
  )   つ (.   ヽヘ ,ィ(.ノイi  (  八  ,i{   |ヽ八     \i{     | /'′
. .) {三}  (     ,ィニニニ八  )イ ̄~八   |~ ̄ ヽ   i{  \   |
< ._ノ しみ>.=彡ニニニニ{ニ)}レ ≪芯ミ  ヽ |ィ芯≫〉 八      |≧s。        /
//) ー.フ (ニニニニ二二二/八(∧:/:/:/: 、 :/:/:/:厶イ i{ヽ  }   |ニ..\人_人从_/.
<   (__  .>. ニ二二ァ'´    ̄ 丶、 ァ―、u.>'' ´  ̄   `''く   |ニ )._/Lイ (..。ム
ニ.)  え ( ニ二二Y ィ:::::ヽ       ヽゝ!ノ′     γ:::::..::ヽ V  |. <. 乂.土 >ニ\
<.   え  .>. 二/{ {::(:i:):::}    。゚   ∨       {::::(:i..:)::} .}  ,'ニニ)._/l_lニ (ニニニ
ニ.).(⌒⌒).(..二/ 八ゝ::::::ノ        ,'        ゝ:::::ノ 人/ニ <. 乂!衣 >.ニ
<.. \/ .>./     ヽ: : :.         {         : :/  `''<ニ) l   (.ニニニ
ニ.).(⌒⌒).(.../        \: : :.     : : l: :     : : : :/        .<  、_ノ  >. ニ
<.. \/ .>          .ヽ.: : : : : : : : :.,.: : : : : :. :. :./            ).ー/- ( ニニア
./"⌒Y⌒`\           '。_.: : : : 人: : : :_ , ′          .<   つ  .>..
/ /                    V         /              .)  や (.
 /                    u     ',           /             .<   -`ヽ  > /
. ′                       ',   ⌒⌒   /  ι          )  ._.ノ (..∨
l   |                      ',         /                <  .,--、 >.',
l  J                   ',       /                 ).(ノ ).(.  ,
|                    ',    ,       ′  /             )  お (.  }
       o.              ',   } ,ィn、 {.   /   〇         .).(⌒⌒).(. ,
',         °    (\    ',  /,イ ⌒ ヽヘ  / 。         }..<  \/ .>. 
ハ                  ⌒\.  ∨/:i:i:iJ:i:i:i:ム V            し. ).(⌒⌒).(..
. ヘ                  ⊂―  { {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} .} ーっ          <  \/ .>
  \                     ヘ{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}/ (⌒            ./"⌒Y⌒`\







          __人_/\/{_
         \    /ll >
           )  ,イ  (
         <.../ |   \
           )  ノ ̄| ||( ̄
         <   __.ノ  \
.. .\人_人从}   ツ  r'~
  .....)  /  .(⌒⌒) {
.. .<. /|     \/  >
   .)  ツ (~⌒Y⌒~\                , イ             `'く/   ヽ
.. .<. ー フ ll >                     /     /   ハ   ヽ  ∨.       ∨ /
   .)  .(__ (                    ,イ イ   /   ,'   ',   }.  ',        ∨
.. .<  ニ|ニ .>                  ,' . / ,' , イ{  ノト、_从   l         '/
  .....) (_ノヽ_ (.. .。 ゚            。    从 _从ィ=ミ ヘ._ハィ==ミっハ  ',.       '/
.. .< /l  「 >  ..__         n        ノ /^''く:/:’:/:/:/:_Y.   从.        '
   .) 乂ノ (   ..⌒)ヽ       )(       〈´ ,/ ̄ヽィuマ⌒Yヽヽ } _.イ ノハ.        l
.. .<.   ゆ  .>.   {:ソ''::-''´ ̄ ̄ `''<> ''"´ ̄`''<ヘ l::::{ 、`   /_ /   ',      |!
   .).  う .(    /::::::::::::ノ  J   /:::::(:ソ:::::::::)   `ヽこ7  /   ヽ    }     八
.. .<.   つ  .>   {::::::: イ   ) ( ./ ゝ::::::::::: イ     `‐{ .イ\ u. ',  ,′    ,'    .ヽ _人_人 ,.ノ(_/
   .).(⌒⌒).(  ......' `´     J'⌒ ′   )j    ⌒) /´   ヘ.   \. ', /    .イ      ._)       {
.. .<  \/ .>  .{: .    o    {: .  U     (_ノ    : : ヘ    \∨.    ,イ       ノ ‐七 〃 (
.   ).(⌒⌒).(   八 : : :u : : : . . . ハ : : : : : : : . . . . . : : : : イ: : : :ヘ     ヽ  /        <   (乂 )  /
.. .<  \/ .> (⌒ゝ.: : : : : : : : ,ィヘ.: : : :. :.゚ 。: : :., イ: : : : : : : , ヘ u.   V          _)  あ゛  {
  /"⌒Y⌒`\  )!  >: : _ /     >=- -=<    : : , ィ  ヘ.      ';         ._}   あ゛ {
            ゚.        / {j    ⌒', (.  u.     /     丶.    };        ._) .♡ (   〈_
   o          ゚      ,'    /    し.        /        ≧-<        ノ   )   (_
                 /    :{      /`)    `'く         ゝ 乂         ._)   っ    (
                /     リ     ,、//.       ヽ   /) __≧=-     .ヽ  !!❤ {
               /        ′   / , ゚⌒)ヽ   _ =- ''"´ ( ̄                ) (`Y´)  /
   r ┐       .>'´   }ヽ   n    / (     >''´                         ) \(   (_
_ |└[][].   ァ'´  ⌒ヽ \    ^) ‐''´     /                        /⌒Y⌒´⌒ ヽ
  | r┘  . `"''‐<   J  ヽ   j (   )     /
  └┘r┐__◎     ` 、l (`ヽ       j /    {
      | r‐┘      ..ヽ  ', し'⌒) ゝ /     J
    ...∟二!         .}  ) ,    ',
        .r‐┐   ....) j. |  J ハ  u /)
         コ L  ......(_.ィ . ',   _c乂_ //   -==つ
   u.    └─┘   ⊂ニ=- ゝY:      Y./  〇             _  -≦
                 ).ノし:i:i:i:). じ\          u     ,。≦
          。   >''" /}:i:i:i:i:i{_ノi:i:i:{、\_) ヽ.      ,。<
        〇    /  /   }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}、ヽ n ヽ し<


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【システム】
    ────違いは一目瞭然だった。   
    父親の前で嫌がる所、自分から孕むところを見て欲しいと叫んで見せた。
    すでに孕んでいるのにもかかわらず、子宮も降りてきて締め付けていた。
    そして、やる夫のの射精と共に織莉子は絶頂を迎えた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9005◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 00:11:27.68 ID:BB+foVGJ
┏・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┓
  【?/??:??:??】   【属性】CHAOS  LV:1?? 所持金:??億????万円 【ヴィクトリカの事務所】
┗・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┛
         ┣━ ¨            -    ̄
         ┗━          ,  ´
           ┏┓        ,  ´
             ┃ _)    /
       ━┃  )  /
       ━┛   /
  ┣━ ¨   _   , ’
  ┗━   _)   , ゜         __ニ__
  ┏┓   __て . ’       ¨ ̄     ’  、
    ┃  そ  /      〃
.━┃       /      ,    γ__ ⌒ }           ヾ    7 Λ・・
.━┛     ,     /  , -/   )- ゝ、_ - 、   ‘,   {_,ノ
   ,  -‐ l       ;  〃,イ    <⌒ ヽ  -  ノ- 、   :.    ゆ
, ’       !         し い   }、  ;, , - 、 :.  ヽ  } }     7_
         l     ;  γ  ゝr'  ヽ  \  し 、   }       'r_,)
        l     l !  { i  l/ o  ハ  \ i }ゝ-' ゜        7_                                     . \_人_人_人_人_人_/
           :.    ‘,  ! し ハ、 n{   } ,:  }ゝ,'      /     'r_,)                                       . _)    :     .(_
    o.     ‘,      i  i´ / ,i ∩. !, -┴‐:-. 、 / |      つ                                      ._)    ツ    ..(_
          ゜:、    ,! j、 l l !  J/:::::::::::::::::::::::ヽ  {_      r‐v‐:,                                       . _)    つ     (_
            丶、   U ヽ ゝ ! .〃:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、 ゝ      \/                                      .. ._)  / 〃   .  (_
              :.` .、    ゞ /::u::::::::::::>::-‐:::::::::::〈                                               .. ._)  /⌒し「V ). (_
              l   ` 、    }:::::::::::/:::::::::::::::::::::::,:'::}、 (_                                            _) l エ.   \(.  (_
     !           !    :.,  \ ./::::::〃::::::::::::::::::::::/:::::ハ  (__                                           .. ._) | C、 ‐ヒ〃   (_
     し                  {::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::‘:, (                |                          .. ._)    (」 )   (_
  ,-.、                 ヾ:.{、  Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::,:'::::::::::::::゜,               \、ノし ’        . .-‐‐‐‐‐-          _). .‐ヒ〃. ♥  (_
  {  \    u           /:.lゝ、 l::::::::::::::::::::::::::::::/::::u::::::::::::::゜,     つ   ___)(⌒     > ´                 "''     . _)  (」 )  「V ) (_
  \  \                 .:l:   !:::::::::::::::::::::::::......       !            ̄ ̄^\  / /       /          ヽ >''.._)       )/  (_
    \  \i⌒i Y⌒!          u  __ ` - - ― -  ....__          U          イ  '        /|             /  .._) r、n T ヽ〃. (_
     \  |  ! |  i             :.  ( 丶,-―- 、        `  r.、ー -   :.- ‐ ァ ‐. / ./  /  /   |         , '    ._) ヽノ (」 ̄_)  .(_
.       ) .|_! |__ノ      ゜      }:./ ‐./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:二ニ=-‐:..、。}  l ヽ      , /    | /  /| l/\  |   }      / /  ...._)  ┼.〃 「V ) (_
      / /  _  __  __     !   /:.:.:.:.:./´: : : : : : : :.}`:. 、::..:ヽ .!  ゜ 、    l/     r<|   / ,|/ミx, \.:|         ./ /  ......_) ,-|--、ヽ)/ (_
      ./ ,〈   |   } | | | |    ,'   ./:::::::/:. :. :. :.: _:. _ .ノ:. /:.ハ:.:.:.:.}     l   i      .i   ~""´ {  赱x,, :| ./     /       /.._) i_」  ノ    (_
      V\\  .!  / |__,!.|__,!     ,゜  ,::.:.:.:/-:.: ‐ :. :. - \. :ノ:./:. :.V:.:l、    :.   .j    .ノ    :/:/:ヽ     》| /       ,'   i    ,. _)  ♥ fY´)   (_
        \\! ‘ー‐―┐   .l  ,!:.:../:.、:. _ :. _:. _ | _:,_)゜:.,: ./:. :}:i:.i ヽ         f"        :/:⌒`<つ!       ,':  |   ,.  _)    |/    (_
         `Y ,>…―┘ (⌒ !  ’,/:.:.: :,、:. : . :. : {:. :i:.:, :. - '.: .:.i:. l   ヾ つ   /   ヽ⌒\    :/:/:/:/:}{/        :|   |   |. /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y \
     .!     .| /___   ヽ l   .,’ : : : . 、:. _:. : :し: . : .:. : :ノ:. l:. ,'      , ’  ,, ノ::::::::::::}       :/:/リ     /   .|:     |          /
     U       {____/      ‘  /.l:.:.:.、:.:. _ :. _ :.:_ :.: _ :. :. :. :. :. :〃 l l   /   ...〉 \:::::::ノ         イ     '    /!                 /
            , 、             。 ‘,: : : ー: -:. :. :. :ニニ:. :.0:. : .: .}_ -J  ´    .../    ̄|:          {    /   / |              /
          / l             /‘   ',:.:.:. ヽ:.:.:.:.:.:.,:.:.-‐:.:.:.:. .:., : -'!´          {     |i         {   /´  /7 |                /
          l/! l/フ         ./  ’   、i:.:!.:.:.:二:.:.:.:  -‐ ア  l           `c。   ',  ..../,            \ /,      /,      { /l
         / / 「 }_        ,゜    `¨ :}      ̄ /                    ~"             ',/   ,イ   .|               / }
         (__// ̄__ !      。    (__ノ      /                      ヽ``.J   、__.}  /⌒><|                /
 o             `′ } /       .:   > -‐ -r  J ´                        /,       jノ八    从|!     |         /
               -' {_} {_}//  (⌒ Y⌒)                                     /,      /イ 7  乂  l      ,       /
                  // / ヽ  / (⌒⌒)                              /,        /イへ    ,      /,      {
                    /    V   \/                                  /,            \ /,      /,      {
                  /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【システム】
    その絶頂は、織莉子が今まで経験した絶頂でも、白目をむくほどの最も深く感じる絶頂だった。
    それもそのはず、とっくの昔に体は堕ちていても心だけは抵抗していた織莉子だったが、今や心も堕ちていた。
    やる夫から与えられる快楽を拒否することが無ければ、素直に受け入れてしまっている。
    それが、今までで一番の絶頂を織莉子に与えたのだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9008◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 00:22:41.78 ID:BB+foVGJ
┏・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┓
  【?/??:??:??】   【属性】CHAOS  LV:1?? 所持金:??億????万円 【ヴィクトリカの事務所】
┗・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┛
                            l l                               /l  0 0
                          ├‐                         ,-‐'二 こヽ (ヽ
                          └‐                           //,-、! !    〉 >
\__人_,    _,.. -- 、         ァ'⌒ヽ     ./ ̄/                          ( O ノ    /./_
  )/⌒゙ / ,      `ヽ ;   (   ..::.)     /                        ヽ |   '‐-、ヽ
    r -- 、-_       ヽ   乂:.:.:.ノ     ― /                    |    ,  じ  /⌒ヽノ / ⊂、ヽ
   Y,ィ   _  ヽ       }              . ̄     ,,       \、_ノし/          .ヽ ○ /  ノノ  o
 ; {/     ヽ  }      }、     ,、、、、  , ,     _ニ=‐ …‐=ニ_      `⌒)(___      .ヽ-‐'        o
   {     l /      >'´ `''<_u. >‐… ‐<ア´          `ヽ、   /^ ̄ ̄
   |/ /   l,>‐<^^^     \`ア´        `ヽ、           \          l l
   /イ,'   /    ',    \   /     (⌒ヽ     \           ヽ        .├‐
.  /  /   /{             ア´       ⌒ヽ       ヽ            ',     .└‐
 /  /   /.八  u  ヽ    ア                      ',          ', ‘,.   / ̄/
゚///   /  ,\     ヽ /                    }:   ノ (       :}ヽ     ../
{/{ /   / ,  - 、;ヽ、    ∨                      :*   ⌒ヽ)         ',   .― /
 }/   / (   .::)  \  {   u       ⌒ヽ         ハ         /   ゚,  ... ̄
 {   /   `ー~′゚   ヽ.ハ           し'⌒    u   / ヽ                ゚,
.八  {          ; /                       / ノ、 }      /       'i, ‘,
.  \ ヽ.         /                 ∪      イ〃 Vs。,_             ヽ
    ヽ、 \      ; /                    _  _,.、イ ノ し ゝ、 〕h、         /  ゚,
       ̄     /               /    η ノ ハ }⌒ヽ 人   ─       ,
              /                   u/ ο     { J }、 | ヽ  / )\             ゚,
           ; /                /    ノ(  八u ハ VJ〉/ /_ ノ(ぅ           i ;
           /                   /(─__ノ  Y }、 } { } vノ (  ノ/ ーっ     .|
         ; /                 /   >─ (⌒ヽ、\ 乂   ー ⌒ ´  (  \ >‐< |





               ____
             /      \
           / ー ‐  --' \   ふー……
          /   t''tzj   ィtェッ   \
            |     `¨、__,、__,¨´    |
          \      `´     /
          /           \






         /   / /   i  l|       l|   |   |   l|      ∨Y
             '    |   l|       l|   |  |   l|     ∨Y
      /       ;   i |   l|       ゚.   |    i|   l|  |  |V
.       '      i i   | |  l|       ゚。 |    l|   l|:i  |   | }
.      i     i { | i| |i  |       ∨|    リ   l|:|  | i |ノ‐-、
.       |  i | { | l| |l _,, |-‐ -‐… ¨`'' …ー‐---ノ|:|  } } |  ィ')
     | | | { | ,,斗 ''¨             ,,ィf竓,_,云ミx |  } } | ん}(
.       | | | l i  ,ィf竓,,ぅ芹        夊_ .ツ〉/  , ,′′|ハ)}     ………次は私の番だよな?
.      l |    〈 〈 夊_ .ツ                 //  / / ,ハ, V丿
            \ ヽ//////// ′//////. //  / / /\)ゾ
.      ゚. ヽ   \\                   //   / //  廴>、
.      ∧  \   \〉         ____.       \// //\__川)′
.       {_∧   \... ∧       /´ ̄`ヽ      ,>i  .:'| | |Y|
.         | :   斗   込、      /⌒¨¨⌒',     イ `ト......| | | |
.         |  |゙´      / ̄\ {: : : :.}!: :,.:.⌒´:.`.:.      ` 、.. |
      /        ./ /\. \___: : :{:. :. :. :. :. :ヽ         ヽ |
     /         / 、 \  >---く:__人:. :. :. :. :.,ノ         V
      {       ./  {  \ \  / >:.-:.、-=≦::ノイ         }
          /    \  \ノ /   /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:{ :}         ,
     ‘,   ./  \、  〉__,ノ ./____/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y}          /
     ‘,  /      ̄イ´ ̄/   r:(:..:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /  /     /
.       ‘ /  `¨¨´ {    /  /:.>==:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / ./     /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【システム】
    流石に、先ほどまでの激しい責め苦に加えて、先ほどの絶頂……織莉子は限界を迎えてそのまま意識を堕とした。
    だが、そんな横では織莉子を堕とし終えて一息ついたやる夫にヴィクトリカが懇願していた。
    もっとも……
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

9014◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 00:45:42.99 ID:BB+foVGJ
┏・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┓
  【?/??:??:??】   【属性】CHAOS  LV:1?? 所持金:??億????万円 【ヴィクトリカの事務所】
┗・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・┛
               _____
          >''~..........................:: ≧<
           /......................................................:. 、
        ,.::.....................................................\.........ヽ      あっ、私!!
.        / ......./ ................................................ `、.........V
       ′......' ....................................................... ',:....... '/    ご主人様、私も頑張ったから……
.       '......... |..........|...............|.....................|...........V........'/
      l...........l...........|............. |.....................|、__...|..........:     __..ニ<
      |.......... ...........|..............ハ_ノ............. ハ:::ハ.j....! ....i.    // / ><
      :..........|............'/........厂人............./x豹刈.....|......|   _/ :/ ,  / _、、ニ≧<
      |..........'/..............V/xぅ芯ミヽハ/  じ′}.....|...リァ//__/__/__/ー'"////////ヽ
      i!............'/..............《 乂'ツ       /i/i/!...リ///////////////////////ハ
      '/...........∧.............ゝ /i/i/i   ’  u ノ.;:イ/////////////////////////ハ
      '/...∧....∧...........入     、  フ //////////////////////////////ハ、
.         '/....\....\.......... ≧s。,,_  ィー=.i/////////////////////////////.ハ <
.        \yハハハ>。_........\     ヽ/|//////////////////////////////.l    ヽ
          ァ ´ ̄      ̄ ̄ ___ _   |//////////////////////////////.|     ゜
.         /             .. +''"~ ̄ ̄ ̄~"' <//////////////////////!   u.ノ
        :       u.     '´ ヾ   , : : :ァ=、:ヽ     寸<//////////////// !≧<
        j       \:./         ': : : 乂ソ.: :.     ゜////////////////// ` <_____
        :        '{       { : : : : : : : : :}     ∨///////////////////////////////
         ハ         :.         乂.: :. :. :. :.ノ      ',/////////>''~ ̄┐//////////////
         ハ          :. ij        `¨¨¨¨´       W> ̄> ´ > ´ イ///////////////
            ∧         ',                   {     j'        ´>'' ////////////////
          ∧        ::.          ゜        u  /         ´ > イ////////////////
             .:.        ∧                  ,          //////////////////
             .∧         ゜、             /           _、‐''゛//////////////////
             ∧         ≧s。       _,、イ        ィ(///////////////////////
                 、       ヽ  ¨¨¨¨''~       、ヽ`/////////////////////////
                ヽ         >''~          /////////////////////////////






圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヾ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭\
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭\
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭\
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭\
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヽ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l      安心しろ、まとめて相手してやる
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭"   丶圭圭圭圭圭l
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l    l圭圭圭圭圭|
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭丶_ _ _ノ圭圭圭圭圭|
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/圭圭圭l圭圭圭ヽ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l圭圭圭 |圭圭圭l
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヾ圭圭ノ ヾ圭圭ノ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/ ̄ ̄
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/




 \人_人从_/
   )  /  (
 <  /\ノ >
   )/l  「 (
 <  乂,ノ  >                                           \人_人从_/
   ) |   ヽ.(                                               ) .‐ヒヽ (
 <  V  ノ >                                                <. (」 )  >
   )  ツ (                                           \人_人从_ )   ツ...(
 <.   ツ  .>                                           )丶l兀l <  ._ノ_ ...>
   ).(⌒⌒).(        ,、丶` ̄ `~、、     Y `、                 <. ン木  ...) | 米 |オ(
 <  \/ .>       /            `''く   (    }                    ) .|  、< .-人-ク >
   ).(⌒⌒).(     .>i{                ヽ  ゝ._ ノ                 <  ゝ ‘ . .)   ツ...(
...<  \/ .>.  >''´  ―<           ヽ               >''´  ......)  い .< (⌒⌒) .>
. /"⌒Y⌒`\./        ヽ,           `、.          ;ア´     <.   ツ  . .) \/ (
          ;/       `''<    ヽ、、.,,__       \.       >' ,′         .).(⌒⌒)./"⌒Y⌒`\
          /          \     ∨     ``~、 __≧=-''"  .{       <  \/ .>
 γ⌒ヽ        ,′       ヽ   ∨.        \ u       ハ          .).(⌒⌒).(
 (.    )  ;|     ̄  ‐<     ',   丶       `ヾ     {j | ヽ   し  . <  \/ .>
  乂_ノ    |.       ,ヘ', ,ィ<  ',    `、     ゚   _',        |   \  ....../"⌒Y⌒`\
        ,′.     ∥\.〃}::::::从 ',    ∨     \\  u.   |     }h、
.      /       {lヽ ,笊ソ::::::::  ヾ     ∨     }i \   }       `''‐
      ,  八.     \。゚:::::::::.  uヽ   ∨     }l.  \  ’           `"''‐
       {    \  ___ヽ::::::     ヽ   ∨\   从  ̄ ̄    、  ι
        ハ         >、:::::}      ,ィヘ⌒ヽ   ∨. ヽ/     o     ` 、
.       ∧. ',     ≧=- ̄ヽ._/― ゝ_:_乂  ゝ、    、         _.ヽ
.      / ∧ lヽ `''< ヽ.: : : : : : : :.⌒ヽ. ( >-=ミ  u.   ` 、 ゚。       丶  u
.   >''´ / ∧ l  \ ', ` 、',       ,、、、\_つ: : :. ̄: : ―: : : : ヽ_      ヽ
.        / ∧l.   \、    ゚。     (::::::::::)    :|: : :.。゚: : : : : : : : : : :  ̄"''‐ ,,_ ヽ
                        `¨´ .: : :/                . : : : :\  ,、、、
                            . : : : /                     . : : : )h、:::::、::::Y
               . . . : : : : : : : : : : : : : /                         : : : :〈::ソ::::ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【システム】
    それはアカネも同様だった。
    織莉子の調教が終わるまで、お預けを食らっていたのだからしょうがない。
    もっとも、ヴィクトリカは織莉子が起きるまでは相手をしてもらっていたが。
    そんな、二人の犯される喘ぎ声をメロディに織莉子は深い眠りについたのだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

9016◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 00:48:30.50 ID:BB+foVGJ
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |.-八  ./―.∨ │ }     と言う訳で、織莉子の調教も終わりです!!
         レNヽl○ ヽ/ ○ |  i  |
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |     まあ、織莉子の堕ちた後の様子や、
.    /⌒ヽl ヘ        レ/⌒i |     皆さんも気になる動画の影響なども
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |     ありますが、その辺の幕間は後日
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|      明日は細かい解説で


9018◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 00:51:27.66 ID:BB+foVGJ
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ   ああ精神判定は、もう妊娠クリってるし
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }   省略して織莉子の堕ちでやろうと思っていたことやりました
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |   それでは合いの手ありがとうございました
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |   次回もよろしくお願いします
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|   ……ポケモン動画流してたけど、まさか没になっていたZが商品化されるとは


9021隔壁内の名無しさん2024/02/28(水) 00:54:12.09 ID:EBpR2Zqs
乙ー


9022隔壁内の名無しさん2024/02/28(水) 00:55:49.44 ID:dcj9aG6K
乙。

9023隔壁内の名無しさん2024/02/28(水) 00:56:24.22 ID:sbhu1MPx
乙でした

9024隔壁内の名無しさん2024/02/28(水) 00:59:45.66 ID:tnCnc0rE


9059◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 22:54:17.58 ID:BB+foVGJ
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ    それでは開始していきます
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |`ヽV  /ノ ∨   i }   合いの手よろしくお願いします
         レNヽl⌒ ヽ/ ⌒ |  i  |
.          { i⊃ r‐‐v ⊂⊃ 7ト |   ヴィクトリカは話したと思うので、
.    /⌒ヽl ヘ  ヽ ノ    レ/⌒i |   織莉子とアカネで
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|


9061◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 23:07:26.81 ID:BB+foVGJ



                     ┏━―――-
                      L  ____         <
                      |: : : : : : : : : : : .   ≧x。.  `  、
                      |: : : : : : : : : : : : .    : : :≫ .   \
                      |: : : : : : : : : : : : : .     : : : : : :≫ 、 \
                      |: : : : : : : : : : : : : : .   : : :    / rーへ、
                      |: : : : : : : : : : : : : : :       . . : : i 〔 j :〉 ヽ
                   __|:_:_:_: : : : : :     .    : : : : :圦. ∧〈 /
                    }⌒ヽ    ̄¨   、ー―ヘ     : : : : : ヽ. ∧V、
                    }   \       /__  \  . : : : : :/  ∧∨
                    }    ,人   _/       ヾ : : : : :/  //∧∨〉    ・自分が一番大事
                   ー=≦     _\  ̄` 、   i  ⌒ヾ   ////∧〈
                 ー=≦z一=≦/  / ̄   i    |     ∨/////∧     ・未来予知を絶対視している節がある
                 ∠ _/    , i ,!       /  .!      V///     :
                  \   i:l  /i: V_i_!_    _j ヽー┛        \!    i│
                  \从  i  / 〉 ヽ     , / ≫。.        〉   |│   ・元メシアンなので、信仰心がある。、
                     /jイ//,__i }    /ィ___i ト、 ≧=‐z-=≦∧   |│
                     /     ハ杙汐/  /  弋歹/ヽ:i   Y   jヽ   |│   ・未来予知を与えられた自分には役目がある
                     /       i  //        j!  /   ,八   彡         
                  ,     ,    / / '   '         /  /    _ ノ   |│
               / /  ,/ x≦   / \    ャ  ァ   /   '=ァ、   、 \、 , |、
                 i !   / /      '    `        ィ / / /:::/   ! ヽ  Y∧j Y
                  j从  ; /j/ if  /!/j//ャ==ァ≧≦ァ j/  i //   ' ;│ ;乂_/ィ
                   ヽi    人 i j!    \ ¨´  /  人  V }   / ハ! j/ / ! ト、
                    ´  ハ! i イ/    ヽ\ノ≦   ヽ !――――< ,/  , ! \
                    /    j! l/ j!¨ ̄ ̄γ⌒ヽ    j'      ィ j/ \/_!    ヽ
              /         /     /乂_ ノ \      / i八      ̄





.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |    まあ、織莉子の核は大体こんな感じ
        { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |
.         | ヘ        レ i   |    幕間見てもらえばわかりますが、ファザコン毛もありました
.         | |/⌒l、 __  イァ_i |  :|
.         | ./  /;;;;只;;;;;/::::::| |ヽ :|    折れても牝奴隷として誠心誠意仕えるか否かって言われたらNOの塊です
.         | l  l::ハY||Y;ハ:::::::| |:::} :|    ……>>1もやる夫も初期の初期だったので、手加減してしまった感はあります


9070◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 23:20:00.40 ID:BB+foVGJ
                                              ,  ⌒ヽ      |
                                          __    /      \  \、ノし / ’
                                  _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ  '⌒)(___
            ',                 、         /⌒    ヽ  \    :..            /^ ̄ ̄
          八                ヽ      ., /       :.        :.
            ヽ                 \  / '    :     ト、       ヽ          i
               \               ヽ.., ,   ハ i iト     :.        i\     │
                > 、             \     jハ    ..i    i:     :ト、   ── 、
                    へ              、イ   i  {   ー| -- ハ-    ゙/        丶
                   丿            } 斗七 ヘ    };ィf=ミ、V.!..゙/          ヽ
               /             ,.  j ,ィf=ミヽ i /' (i) 》っ/             V
           _    ./                /  /c《 (i) :Ⅵ/::::::::::::::゚/
       _ - : :; -マ ´             r ュ- ──:: ミ 。へ:::::::::::::::::::::::::u/
    >: :_ -: ": : :丿          γ:::::::ソ      丶 >--- </
 ィ: : :=: : : : : r=<              ./           ,  ´::::r=ミ /    |
: : : : : : : : : :; '             ′        /   ::::ゞ/      |
: : : : : : : :/              ;           /    ,  ´         l      ・未来予知による救いを完全否定
: : : : :/                    l         ′  /               ;
=-≦                    八       -;  /                ;      ・自己否定させる
                        ヽ     /: : }´          ,::<:丿 _ ハ
                       , '  ` ー/: : :リ        ィ≦: : / /: :7 ハ     
               __  /  ,  7: : : : /     <: : : :,/ /: : / .ハ
            ,  ´       ヽ/  ∧: : : :{  <: : : : :; ´ _ ィ: : : /ヽ  ハ
          /   /    /   ∧: : ; = ´: : : : : : :./ ≦: : : : //: :V   .ハ
         /  イ:.:.ミ  /      ∧: :´: : : : : : : : : /: : : : :/ _, ': : :./     ',
        ィ≦: .:.:.:.:.:./ , '      .∧: : : : : : : : : : : : : : : : /ィ: : : : : :ノ     ハ
        <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../ ノ       ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ィ: :7     / ∧
    イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´       ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/     /   ∧
   イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        .′: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : :/     /     ∧





.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }    とまあ、なので今回の調教のオート部分はこの辺重視しました
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |     アカネちゃんが完全に、未来予知での退避を封じて、
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |     ヴィクトリカが牝奴隷の差を見せつけ、
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |     父親の映像の前で孕ませようとしたりと、
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|     精神的に徹底的に攻めました
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|


9077◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 23:30:06.26 ID:BB+foVGJ
///////,{//////////////}///////////      |///////
////////,///、/////////,{/////////ハ      |//////
ト.///////V///>  ¨¨¨¨ `''<  ̄ ¨¨ ''<      }/////
∧///////V/  c          `ヽ    、__ 寸_f_////       |  '    ’
//、//////∧               ',    `ゝ///////,i!      \、_ノし//      _
///\//////乂__ ノ        :.         ̄`ヽ//,|      _)r'⌒'     __/_  `´ヽ
/////ハ////////,ソ´  /       :::.          '//,|         ,  ´       `` 、 !
/////  {//////{´    ij       .:'  \         }'/リ       / ´   _       ヽ.ヽ
////'  '//////ハ         .ィ          ム'/        /―- / /          ヽ.、
///',{   '//////八  .ノ         ',     、  'ノ       ..'- ― '!/       /     ‘.\
////,   \//////Y  i            ',     } i          .!、 、 ∠_ィ __斗/七i   / /  、!
/////,     ゝ-=ニ,'` .J     .:     、     、 |         ..! ヽ `、|| l  /.cf茫メ,'  /,イ /  !
/////(,        :          .:      \   \  > --- ミ V  Y´| ! | ,ィ || :::::://泛っ,' /
//////,       i,        ..::        : : .   /       ‘. ヽ.!| j,〈.u ||   _ ::::|j/ ,イ
//////ハ        {                       `/          ヽ ハ |   ゝ.||  /ーv' ,イイ i
////////,.     ∧ ι            ,,  '''´           、  iY!  八_|j uゝノ/|   ノ
////////ハ     ヘ.     :.     .  ''´           /-‐    \ ヽ.  ヽ )>|{イ!  ! ハ!             そうした、激しい陵辱の結果───
/////// ',  ij    个s。   :..   ´            .ノ    ij   }  i |! ){  }.}! ij  }ノ {、
/>'' ´ ̄ ̄ ',        ≧=‐ >''´        > ´ ̄    、      从{,7  ノ i!    |  ヽ
´        、         /          / u       乂         `ヽ´   {)   |   }
 c       \      /  ` ̄  ミ、 ィ´./   _         ヽ       \ >-、_!  /  .
                r'          <{_..ィ¨ \        ',        ', rく ', \/
          u      ゝ、          '´   ',  ヽ-、   u   }           }ー┴、〉 } )
―――   _______ ノゝ.._          \\ ヽ } J  _ ... イ、   u   _.ノー一' ー'
                       ̄ ̄  `ヽ- ー、ノ-′ ̄        ̄ ̄













         ______      _____
     「 ̄ : : : : : : : :___  `''<  ̄    /\   ̄~"' 、
     :. : : : : : : : : : : : : : : : : :\   `' <二 /   \――┐ \
      :. : : : : : : : : : : : \: : : :..:.\     /   /   ∨ んニハ \
       :. : : : : : : : : : : : : :>――‐\       //   ∨ 乂こノ /
       :. : : : : : : : : : :/::::/      \ノ  /Λ    「\ Λ/
        \ : : : : : : :/::/:/  / / \_/  ∨    |  \ \
         \ : : _彡   /  /         ∨         \ \
      _ー=二二 ̄    /  /            ∨      ∨⌒   \
  ―=ニ二 ̄ ̄         ||           | √\    |「    \
.. /      / /  /   | ||       / _| |、 \ \   |「ヽ     \
/       ./  /   /    | Λ乂    ∨ 7 八「 \ \ \ |  |      \
       || |   ′   l八」 _ |   || /_/.斗ニミト―\.ノ\   |「\
\     || |  |    |/⌒  |   ||ア⌒込t似リ「 __/      V  \
.. \  彡|丿 |  |  /|八斗z| |   八「  ⌒ ̄ ̄ノ  \_      \  \
  ―=ニ彡     |    ィ刈炒jノ  /\|      /     7⌒\    )    \      ───堕ちました
  __彡 /   八   く >''´ /  /ヽ         /    /       / \
.  //   /      \ 八   /  /     _ /  / /     /     >        
 //    ′     |||\ \/ / ィ(´    ´厶イ  乂_       /: : .
.∥   | |       ||「 |\ /         / / | \二=--: ''゛ : : : : : : : .     今までの行動が何だったのか=過去の行いの振り返り
」「 |   | |       |八乂  / >     r――//|    |  _二ニ=-: : : : : : : : : : .
八 「 八 乂___    l__彡イ |  |ニニ〕ニニア⌒|  ||   乂 ⌒\ー=二 : : : : : : :_     牝奴隷して扱われ凌辱される=現在の自分
  \乂    二\|     |||ニ/7ニ/   」  |八   \ \  \  ̄ ̄>''´⌒
__  二=-‐ ̄     l|     |八「  {/   __    /\   \ ヽ   >''´           未来予知が全てが牝奴隷になることを示している=未来の自分
三三ニ==-‐      l|     |ニ|_  \/:::::::::::)//   \  | |         /ニ
/ ̄⌒\       ノ   _ノニニニ--/::::::::::/ ∨    7   | |        //ニニ      やる夫の牝奴隷になることを自分の意思で拒否しているが、
   / /  _ -=二二ア ̄ ̄  {::::: / Λ {   //  八      /Λニ       受け入れた場合の未来=やる夫の牝奴隷
  / / /ニニニニニニ「      乂/    Λ ∨ /  //        //ニV   
./  / /{ニニニニニニ厂 ̄ ̄    /   / Λ,/    /       //ニニニ       過去から現在、そして未来までの道筋が全てやる夫の牝奴隷に
                                                         なることを示している=今までの全てはやる夫の牝奴隷になる為だった





.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ     過去から現在、そして未来の自分を振り返った結果
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }     織莉子は悟ってしまったって感じです
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |     狂ってるわけでも精神が壊れたわけでもありませ
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |      信仰心が全部やる夫が自分の主であることとやる夫の牝奴隷である自分に
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|       変わっただけです(だけ?)
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|

9083◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 23:35:36.39 ID:BB+foVGJ



       ,―― 、
      ./    ヽ
      /  ――一――-- 、
   _.ノ /  / /    `  ヽ
.    /  /   l   Y     Y
.    ,'  /    l     l      :      やる夫以外の牝奴隷になる未来=そもそも自分が予知を拒否してるから起きる
   i  l     l    l  l     !      =つまり間違っている
   |     l  l   ;  l     |      
   |  .∨ヽt弋入  /ナナ∨ ||     こんな感じで別の未来の事は思っています
   |. || .__、 ヽ/  ,_ |  | |
   | ,l .N,〃⌒     ´ ̄`ノイ |ヽ|       ちょろっと話しましたが、織莉子の予知が変わったのは、
   | {|⊂⊃    '    ⊂⊃ !ノ|       織莉子の選択の結果、やる夫が選択変えるから起きる間接的な影響なので、
   |  | l.    、__,    ,'| | |       織莉子がどう動いても意味ないです
   |  i {.ヘ          /| | |
   |  | |  .`ト...    ..イ  .! | !       
   |  l |    .) `   { !  | | .|
   _|___.l iー-く~~ へ,ヘ ̄7ー-.| l__l__
. / ζ::! |::::::::::::: ,-田-、::::::::::::::! l:::ζ ヽ
Y   τ| .|:::::::::/##ハ##\:::::::| lτ   Y
弋 、  .| |:::::::/###/:::::l####l::::::l |、 ソ, ノ
 [:∞::::::| |:::::/###/:::::::ヽ###.ヽ::| !::::::∞:]


9087◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 23:40:24.19 ID:BB+foVGJ
                               / ̄ 丶
                               / ̄ ̄\\
                               /::::::::::   ::\\
                  ___        /::::::::::::  ::::::::\\
                 / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
                /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
                 ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                  /   Y´   \\_  \| ::::::::::〉 `Y く
                ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
                      -=≦´ ll    { {     ∨ / j ヽ} ヽ l l′      ■現在の織莉子さん
                  / / ヒr从ヘrムV ヽ ‐- 、ヽイ ̄ 兀ア   l lヽ 、
                 i{  / 从`/弋} | l´j| l、`フ}  }∠   ∧.lヽ ヽ    自分御人生も体も存在意義は全てやる夫の牝奴隷として尽くす為だった
                    乂ノ l l /lj r 丿レー_l、lハ lゝ}   j   l`ヽ   i |、ヽ     と悟っている状態
                      `ヽゾ从 /   `ドVレV |}/   l{_ 、 | | ヽ'.,
                          |Yハ ト、_ /` ヽ_/ヽ/´  八   ソ}| ', ',    ・やる夫が全て、もっと言うならその意志が全て
                      乂八 ` 彡/ {ゝ)_ハ( _{  ヾア | ヽ、 ', ',
                          ̄/  └ト(, 、   >┐}   ({_.  .|  '    ・牝奴隷に堕としたい女はやる夫の牝奴隷になることが幸福
                       _rー// / ム ヽト、/  .|::{   `トミ、 ' . '
                     {>`' /   / /`⌒′  j!:l|      `', ..',   ・だからと言って良かれと思って勝手な行動しない
                     ,r≦/:/    /  , / /  / ハヽ、  ――-.}   ',
                ,= /:.:/:/         〃  /  /  | .ヾト:、     .',  }  ・やる夫にとって都合の悪い未来は普通に話す
               _ /≠/:/    /    /  /  ,   j   トーrr==ァ__.}‐ '´
             / '´イ:.':./    /   / /  ,      l z≠::人ーz‐'´
             r',/´:.{:/    /    , ,    /  /     |  '´く:::j`′丶ー-  _ \、
               ,//:.{:/    /                  \` \       ` ーミーZニ
              /八/         / /   /  //!    ト、   丶 .丶`  、\   \ヽ
    />   、/' / ./    〃   /;'  /   ,   /川    、ヽ      丶  \ \   `'
   ./ / //  .! /    //   // ./   ,   /:.:.从   、 `ー \      ` ー 、 \   | |
   .l ー´/   l/    / '   /:.|  ,       .l:./| 、  \\  `ー_-  _        \ .ヽ //
     ー ',/    ./    / l    {:.:.!  l /     |'≠.} ト、    \ー  _` 、 ̄丶.     \},/
     //    ./     〃 /   |ミl  .∨    | トz、廴ム \     ー  二ー _ \  ヾヽ、
      | |    /    /.从 l ,   ヽヽ  j、     、ト、ー-ゝゝ二 ー- _      `ヽヽヽ)   }//
     、.、  ./    / l! /     丶人\   \\    ̄ ̄ ヽ_ヽ_   \\ r‐-、 〃
     \ _,/!     { ,≠ \、      、ヽ_ ー- 、 ヽヽ_   ヽ ヽ/jー 、丶  ヽ l、`>厶ー――--
        /i'lー==‐<  /___>―zzュ、_ ヽzーァー‐ _ヽ  ヽー`ヽ   } //>´ヽ \ }ノZム/
         | l.|、   _,≧zzz7⌒7  l <テiくー {    _}ヽ _ム-ァ xzz、厶7     {、
       、 ー=≦彡夛ZニV__人`ヾ、Vトイ⌒´!     ヽ
         ̄/´/ /ー/' )   八Vj!  / \   /
         /  // / /      \ヽ {\   ヽ/〃
        /   // /          \\ \ ノ乂/ llハ





.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }     >>9084 微妙に違うかな
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |     やる夫の牝奴隷になる為に未来予知が与えられたと思っているって感じです
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |     ……まあ、承認欲求の塊のやる夫さんにはぶっささりです
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|



9090◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 23:46:27.25 ID:BB+foVGJ
   .r‐ ' ¨¨¨¨¨ ' ー  ,______
   .l   ̄ ̄` ー  , `` ー‐,―/.{ ヽ_` ー.  ,_
   .∨         丶、  ..`/ |  .ヾー, ./7_},`ゝ
    ∨ ヽ      , ‐ 丶  !  ', .',  '.,'.,ヽ,_フ./}
     .∨ .',   . , '  /.  'ー'¨´ ',  , .',.マ,_ヽヾ
      ヽ  ヽ _,ノ , '        .∨ ヽ  ',.`','.,.' ,
  ー――,.ゝ '´   ,' ,'!      |  .ヽ_    .', ' ヽ '.,
  ¨,フ ´. /   ./ .|/ ',     ..,' ト,  .ヽ`丶 .', ' ' , ヽ      未来予知によって自分はやる夫の牝奴隷になることが決まっている
<    ,' ./}    ! .ハ    .‐}/‐ヽ}ヽ,ゝ  .ヽ .'.,.∧ .ヽ
―――‐.| ., ./     , ', .-',   . , ',. r―,',    , ' .`  '., .' , '.,    =未来予知はこのことを悟らせるためにあったのだ
ヽ    .|/ ,'     /'´. _,|   /. 'ー`ー'‐}  ,ィ゙_   ∧.∧ ∧
  `丶, ‐ ' ´  ',  .| ,.ィ´},ィ  ∧}    ./ / .`ト ,_ `丶,.∧.∧ ∧
. _,.イ‐ '゙/   | .ヽ ヾ'ー'´ ,' /ヽ    ./ /  ,'    ,  '´, . '.,
'´/   ,'   .',  .\ヽ ./ .,.'.  ,  ‐ァ /イ  {-― ' ´   ヾヽ}´
 !   /{     .'.,',  .`, ' , '  'ー '´ .´ .,'  , ` ー,―‐, '- '´. ト,
 !  ./`.',     ト}`'./イ`'  ,_, _‐ ', .'!  ト, , ゝ-`ー     `
 '., {   `ー , .',.イ      , ィ', < '´ {  .ヾ,  ∧`' ー―‐__´
  `ヽ  -‐ ' ヽ}     .ァ´ /    }  ,ゝ ,   ヽ .ヽ,  ',´'´



.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }    ようは、未来予知のせいで変な方向に悟りを開いた感じ
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |
        { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |   この先未来予知で何見ても、やる夫に不都合なら
.         | ヘ        レ i   |   やる夫に言って変えようとします
.         | |/⌒l、 __  イァ_i |  :|
.         | ./  /;;;;只;;;;;/::::::| |ヽ :|   未来予知に縋っていたのがやる夫の牝奴隷と言うのに縋るのを変えたとかそんな感じ?
.         | l  l::ハY||Y;ハ:::::::| |:::} :|   上手く伝わらなかったらごめんなさい

9099◆hs6uDv9e5o2024/02/28(水) 23:56:23.99 ID:BB+foVGJ



.      /   /    |  ! :!      | :} l  !  |    |  l       i    i   l    |
.    '  ,      :|   i :|     | :} l,,斗‐十'' ¨ :!  |   i  |    |  |     |
    i  { i   :|  |! !      l .:'/} :| |   |____」   |  |    |  |  i |
    |  { |   :|  l| l      {/" ./  l,x云示笊ミx |   |  |   |  |  | |
    |  { |   :|  .」L⊥     /  / . 〃  _ノ:::::::ハ ,/ |   |  |   |  |  | |
    |  { |   :|/ l|  \_  -‐ ̄ ̄     {:::::::::::ノ   |   |  |   |  |  | |    ・ちなみにヴィクトリカ達が焦っていた訳
    |  { |   :l   , x云=ミ         ,,> ''゚     ,'    i|  |   |  |  | |
    |        l!/ 〃 ._ノ::ハ                   /   ,'|  |   |   :|  ! |    誾とかの様に堕として、少しずつ戻れなくするつもりが、
.     !    ヽ >个  〈  {:::::::::}            u   /   / l  |   |   l     !     自分たちとは想定外の方に一気に底まで堕ちて
     ヽ   / ヽ :|  ヽ  >''               /   / l  .,′  |   :l    :|    やる夫が気に入る形で堕ちたから
        \/  i :|   ∧         ′        厶ィ´¨ ̄厂{¨ ‐-┬'     l    :!
          l :l   ,∧                。 ´¨ ̄ ̄:l    :|      !   l    =要は踏み台のつもりがライバルになった
           | :|  i  ∧          (⌒      /       :|    :|
            |:| | :{ 介  .          %         |    :|     ヽ  \
            | :{  :l :l :|   >。.      。゚         人    ヽ       \   \
            人/  ̄¨¨ =‐-- 。,,,._ `,=-‐≠=-- 、        .。ヽ    \       \   \
                      %   У       ヾ   ,,o ゚:: :: :: \    \       \   \
                 o゚    。゚         ゚oο゚ : :: :: :: :: :: :: :\    \       \   \
                 爻   爻          爻:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\    \       \   \


.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }     まあ、もう織莉子は精神無敵です
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |     能力強化の方は後日で……幕間の時にでも
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |     ちなみにざっくりいうと、ヴィクトリカは牝奴隷なのに、
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|     牝奴隷以上を狙っていて生意気とか思っています
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|


9105◆hs6uDv9e5o2024/02/29(木) 00:03:34.19 ID:5Pzf7xG1



                  __
               ´       ``
           /     \          \
                   \     i   \
.           /                l
         /      | i             |     ,
          /     i   | | |k         |      ′       アカネちゃんは元々CHAOS側(悪側)だったけど、
           || 斗匕厂\   |     |     i        上条当麻に浄化(LAW:善側)されて行ってたけど、
        |   jレ{  l| 斗ャテ予 |     | |     l        やる夫に調教されて、元に戻って振り切れた感じ
        |   ´| \从 乂::リ | i|     | |    |
        ||   if示       | ||     | |  l i |         というか、牝奴隷生活を一番エンジョイしているまである
        l ハ  小 り、       ノ ノ|     | |  l | |
        |ハ|  iハ _rr‐rク    j    | |  l|人|
        |  |  Y込| | |`..___ /|  | | 八 从 }
         ノ八乂_,| | | | |く 人  | |/ >''"⌒\
         /  \「 | | | | |\_/\人ノ/   /    _
           /|!   /⌒Vヘ   /    /    Уハ
           .イニ/| ‘,/    ∨⌒¨¨¨ア  | /    /ニニ」┐
         /.:.|ニ|/^7   ̄ ̄⌒~、、/   ∨   /ニ/ ̄ }
        /.:.:.:.|/|  |          >、、 ∨ /ニ/.:.:.:.:.:.:\
      />''´| ||  \       ///⌒''<ニ/______}
      /'"´.:.:.:.: | ||    \    ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`丶、.:.:.:.:.:/
.    〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ||    /\_// ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.|
     〉.:.:.:.:.:.:.:.:. | \ .イ    ̄ \/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨|
     〈.:.:______>''/ {       丶、.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:V
     \.:.:.:.:.:.:.:.:. /  人   _ -‐ '' "⌒ニ=- __:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 〉
      `ー─‐‐┴=≦\ >''´.:.:.:.:.:_、<⌒.:.:.:.:.:.:.:.ノ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
             /\_厂|__ ‐=ニ⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{   \__/
          /.:.:/.:/|__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨丁丁"゙丁
         /:/.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|.:.::| ̄ |
         /| ̄.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /\厂ハ
      /| |.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ //    ̄ ̄ .
      \| |.:.:.:.:.:.{ {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ //        ,
     / ̄\\_:} }____/ //         ′
     \   \_}_}_____// ̄\        |\





        /      /       l          \   l l
       /                    l    \       ヽ l|
      /     /   l      | l   l  Y     ハ l|
       /     /  {| l      l 、L__l__l_  i       l l !     まあ、そもそもやる夫さんがアカネちゃんを堕とす過程で、
      /       l  /l_L イ      jl l ハlヽ「T      ト }j !     フルスクラッチたしなんでいるので、
      jl l    ! ‐''「 トl l ト、    j!l 从斗ミx}ハ      l l ll }     趣味に理解があるし話もできる
    l ! ll     l ハ l>云ミx\  / ノ〃f{l犾 }》 }    l ト V ハ
     l l l !      {7( 代令j}` ヽノ    弋竺シ //   j j メ /      ・気に食わなかったクラスの女とか、上の女とかが
    ! ! l l {    人ヾ ゞニシ        ー-‐' //   / =彡'"\      犯されて滅茶苦茶になって自分の所まで堕ちるのを見れる
   |λ l トト\  ト\ 冖"  ヽ     ;:;:;:ノ  j/j/ l
    l  ∧l  ト{\ \:;:;:;:;:;  __..  -┐ =彡イ /|  l         ・女として必要とされる
   j /r:::"⌒`ヽ、 ミ__>    ヾ   ノ    /l / l    !
   ! ヘ__):::::::::>‐-ミ< `<__     ̄   イl  l {  !   l         ……楽しめる要素しかないんですよね、彼女
   j/:::::::::::::/    _):::::ヽ Vトミ''ー- < / !  l  ト、   λ
  /廴::::::::/     `ーミ::ヘ V:::>‐--、j:^Yl __!  l::::⌒ヽ∧
  /  }::::l         }::}ヘ V:::::::::::/ !lヘ::l":::l   !:::::::r' ∧
 / rイ:::::l        \「:ノ::ヘ V::>⌒T"┼} トl   l::::::::⌒Y ヘ
./  乂:::::::l  `、      弋::::::l  V ┼ ┼/┼ l   l::::::::::::::}  \
    〈::::::l \ \     "ト、l  ∨ ┼l⌒Y [_l   l:::::::::::ノヽ  \

9110◆hs6uDv9e5o2024/02/29(木) 00:19:53.92 ID:5Pzf7xG1
                        . . -‐ ―‐ . . _
                      ..: :´ : : : : : : : : : : : `` .、
                    /.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.\
                    . :´ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
                 /: : :.l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..、
                   /: : : :.|.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :.i: : : : : : :. :.
                   .′ : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : |.: : : : :. :. :.゚。
                   . : : :. :. :. :.\: : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : :‘,
                i.: : : : : : :. :.、: : : -ト、‐‐: :、.: : :. :.|: : : : : : : i: : l
                |: : : : :._、: : : \: : { \: : ヘ: : : :|: : : : : : : |: : |
                |: :.:.:|´|:.{ヘ: : : : \{ ,ィf斧芋ミ: : |: : : : : : : |.:..:.|     なので、当麻を差し出すことに一切躊躇いが無いです
.                  |: : :.|:. ,ィf斧ミ、≧=-  乂ソ 、: : :!.: : : :. :. :.| :.:.:|
.                |: : :.Ⅵ、 乂ソ         |.: : : : : : : : : :.|: : :.!    まあ、今は出来ないので代わりに色々計画考えたりとか、
                 l:.:.:|:、: :.ヘ   ,       |: : : /: : : : : : : :/イ     気に入られる努力している感じ
                 ∨:|: :\:込   v:::ァ   |: : /、|: :./イ、ハ/
                     ∨.: : : : :.介 .、     イ|ハ:{ ノイゝ         インデックスの現状の立場=超受ける
                    ノイ、: :.:|、:l: : :.:/:≧= ´冫    /  \
                   \| ノイ/ヘ⌒ 厂、   ./       \      誾=早く素直になれば良いのに
                  /⌒ヽr、/~ r‐‐.ハ⌒ヽ、/     ,.    `` 、
                  /   、\) j } |:::::/ヘ:::::::::/     /         {
               _{ 、 \_i/ ./ ' /ー' |:::\/      /   /:: ̄ ̄:.ヽ
                /  ̄\_j イ  ,〈__/  !::::::::{ 、     ./::::::::::::::::::::::::ゝ __
             /...................../ / ..::      ̄´  \,、丶`:::jI斗-‐:i:i ̄ ̄i:¨i:i{
            /、....................イ/  ..::          {_..<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
               /:i:i:\,,......''":i:i゙、  ...::       .。s≦´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:-=-:i:i:i:i:i:il_
.            ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} :::    .。s≦´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:-=-:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:/
            li:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/、 .。s≦´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
             |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/





.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }    本当にね、エンジョイしてる
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |   なお、牝奴隷の調教が終わった場合、時々記憶封印してのプレイとかもしています
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |   ヴィクトリカとは何だ感d罵り合いながらうまくやってる間柄      
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|    織莉子?やる夫が居ないなら紅茶飲んで基本我関せず
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|


9113◆hs6uDv9e5o2024/02/29(木) 00:25:44.81 ID:5Pzf7xG1
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |    あとは……織莉子とアカネ案系で聞きたいことがあれば答えます
        { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |
.         | ヘ        レ i   |    その後は今後の予定
.         | |/⌒l、 __  イァ_i |  :|
.         | ./  /;;;;只;;;;;/::::::| |ヽ :|
.         | l  l::ハY||Y;ハ:::::::| |:::} :|


9114隔壁内の名無しさん2024/02/29(木) 00:26:52.16 ID:bTb3AeB8
記憶封印プレイはどうやってるんです? 装置? 薬? それともスキルや魔法?

9115隔壁内の名無しさん2024/02/29(木) 00:28:50.28 ID:AwlvEKbg
アカネの能力とかも何か変わったりします?
Sf用の怪獣フィギュア作ったりとかできたりしますか?

9116隔壁内の名無しさん2024/02/29(木) 00:31:55.92 ID:8x+xfZnp
・完全に堕ちたし織莉子の扱いは以前(監禁+娯楽なし)よりましになりますか
・アカネの能力で3幻神とかのカードに憑いてる悪魔の体を作ることはできますか

9118◆hs6uDv9e5o2024/02/29(木) 00:39:47.49 ID:5Pzf7xG1
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ      >>9114 フレーバー:キャロルの薬
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
    __/7  |ノ八  ./`ヽ∨ │_}     >>9115 特に予定はない(再調教と化しているわけではないので)
   く ● >Nヽi⌒ ヽ/ ⌒  |く ● >         まあ、あんまり活躍できないなら修正はいる        
.     \/ { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ \/!  
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |     >>9116 1:マシになる  2:無理
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|     
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|


9119隔壁内の名無しさん2024/02/29(木) 00:39:51.53 ID:b+DB+sj/
アカネちゃんの能力でSfの強化にプラスすることは可能ですか?

9121◆hs6uDv9e5o2024/02/29(木) 00:45:07.44 ID:5Pzf7xG1
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ    >>9119 似たような質問なので省略
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }
         レNヽl● ヽ/ ● |  i      さて、今後についてのお知らせです|
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |    まず明日……というか今日FF7Rの発売なので
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |    日曜まではそっちずっとプレイします
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|     とはいえ、生存報告がてら毎日顔は出します


9123◆hs6uDv9e5o2024/02/29(木) 00:49:51.27 ID:5Pzf7xG1
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }   来週ん月曜日からは進捗次第ですね
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |
        { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |   ちなみに金曜日は有給です
.         | ヘ        レ i   |
.         | |/⌒l、 __  イァ_i |  :|   で、その後の進捗について
.         | ./  /;;;;只;;;;;/::::::| |ヽ :|
.         | l  l::ハY||Y;ハ:::::::| |:::} :|


9125◆hs6uDv9e5o2024/02/29(木) 00:57:54.43 ID:5Pzf7xG1
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |   とりあえず、スムーズにするために
.          { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |    安価による推理パート外して
.    /⌒ヽl ヘ   ゝ._)   レ/⌒i |
     \  .| | >,、 __  イァ/  ./ |    一定安価取れば判明って感じにしようかなって思いますがどうでしょうか?
.       \| | :::\;;;只;;;;;/ヽ=/  :|
.         | |i:::::::ハY||Y;ハ:ヾ::ノ }  :|     


9129◆hs6uDv9e5o2024/02/29(木) 01:02:08.34 ID:5Pzf7xG1
.        , -=≡ミx、
.     〃      -‐ ' ヽ´ ̄`丶
.     ∥   /  /  ハ   ヽ ヽ
      {{   イ   / |i   .} } i  ∨ハ   ああ、もうあんまり人いないか……遅いし
      /7   |ノ八  ./`ヽ∨ │ }
         レNヽl● ヽ/ ● |  i  |   まあ、次回はその辺の調整予定で
        { i⊃ 、_,、_, ⊂⊃ 7ト |
.         | ヘ        レ i   |   それじゃあ、この辺はまた次回で
.         | |/⌒l、 __  イァ_i |  :|
.         | ./  /;;;;只;;;;;/::::::| |ヽ :|    ダレたりしそうならまた調教エロとか入れてみんなで発散しましょう
.         | l  l::ハY||Y;ハ:::::::| |:::} :|    それでは皆さん合いの手ありがとうございました
                           次回もよろしくお願いします


9130隔壁内の名無しさん2024/02/29(木) 01:02:35.05 ID:nhqUC6aq


9132隔壁内の名無しさん2024/02/29(木) 01:03:34.26 ID:8x+xfZnp
乙でした


関連記事



承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2024/03/02 17:27 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2024/03/06 11:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する